#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【心眼】を以って、当たり前の「ものさし」を見直す

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

リアル&バーチャルな自らの「ものさし」を見直す

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

八正道-当たり前1

当たり前の「ものさし」は、言うまでもなくリアルな物・事象やバーチャルなものを
計る見方・尺度・捉え方・定義上・意識上などの基準です。

別な捉え方をすると、人としてのその人の【心眼】である「心の基準」と解します。
この【心眼】とも言える、己の備えている今現在の「ものさし」を指さし、
改めて真摯に向き合い見直すこと、即ち「内省(内観)」することは、
今後の自分自身の成長の為、様々な不や苦難に打ち勝ち、生き抜いて行く為でもあります。

解り易く言えば、「内観」とは私達が物事を正しく見る具体的な方法といえるでしょう。
人として生き方の指針となる基準である『八正道』という仏教の教えがあります。
それは『正見』『正思』『正語』『正業』『正命』『正精進』『正念』『正定』の八つの基準です。

この「正しい」とは、「真理に合った」・「調和のとれた」考えや見方、行動のことをさし、
小我「自分本意」に囚われて、自らを過大評価し、不平・不足・不満などの苦の種を作らない
大きな立場で物事を判断出来る人間となる事を示す道として解き明かしたものです。

人は 『正しく見る』ことが出来れば、『正しく思う』ことも『正しく語る』ことも
『正しく行いをする』ことも『正しく努力する』ことも出来ます。
詰り、『正しく見る』ことから人として正しい生き方の実践が始まるのです。

また、物の見方には、現象に現れた差別の見方や上の立場からの「平等だけの見方」の
どちらに偏っても正しい見方とはいえないのです。
なぜ「平等」の見方だけで正しくないのかという疑問が湧くかもしれませんが、
物の本質として現象に千差万別の差別の※実相を現すには、
それなりの原因や条件があり理由があり、それを無視する事はできないのです。

※実相:人間の言葉を離れ、心で推し量ることの出来ないことをいう。
 従って「実相」とは、真実が無相であり、それが萬物の本来の相であることの意。


このように、差別の見方にも偏らず、平等の見方にも偏らない、両者を総合した捉え方が
目に映らない「正しい」見方や捉え方の心の「ものさし」なのです。


◆現況を振返り、見直す

今の自分や職場(会社・店舗)の当たり前を見直すには、
三現と言われる現実・現場・現物の夫々を顧客目線はもとより、
人として何が正しいのかと言う「心眼」を以って真摯に見つめてみることです。

企業や店舗に於いて、お客様や患者さんを確り確保し、
お店や施設のファンを創るためにも、自店(自施設)の現状を振り返り、
現在の「当たり前」と考えているお店(施設)の全てとおもてなし、接客や接遇を見直してみましょう。

その為に、まず自分自身や自社の当たり前となっている正しいとしている
『心』の「ものさし」を振返り、見直すことから着手しなければなりません。
自分自身の心は元より、企業を成長させ、夫々の魅力を育み、アップする近道は、
この「当たり前」となっている『心』の「ものさし」を見直すことだと思います。

その結果として、己の利他の心を成長させ、触合う人々への思い遣る心を育みます。
そして、対象となる相手や事象を立場転換意識の元に、「判断・決断」することでもあります。
それは、対象となる相手の≪心眼・目線≫=「ものさし」を観察・察知し、知り得ることです。
同時に、人としての適正、適切な「心眼」と「ものさし」を持つことも≪思い遣り≫です。

また、多くの店舗や職場で、お客様・患者さんなどに不満足感を与え、
或いは部下や社員・スタッフのモチベーションを下げている要因に、
店舗では顧客に対して店舖側や従業員側の「ものさし」(目線)で見聞きし、
接し、押し付けている場合と、職場では部下に対しては
上司の「ものさし」(目線)で物事を受け止め、自己判断し、
部下に言動や態度を求めている場合があります。

厳しい時代だからこそ顧客の確保、職場の不満解消や個々のモチベーション向上の為にも、
改めて自らの心と物事の見方である「ものさし」を指差し、振返り、見直してみることをお勧めします。
そのためには当たり前の「ものさし」である個々人の心の眼とも言える≪意識改革≫から着手し、
出来ることから、即実行しなくてはなりません。

組織では、現在の自社(自店)の当たり前の「ものさし」を知ることから始めることです。
その為に、現在の組織とそこで働く人々の持っている「ものさし」をあらゆる角度からアセスメントし、
その是非を話合い、次に正すべき必要のある当たり前の「ものさし」を見直し、
新しい「ものさし」作りに、今出来ることから優先順位を付け、実施する必要があると考えます。

そしてこの、リアル&バーチャルの当たり前の「ものさし」を見直す【キーワード】は、
「愛」「感性」「判断」「器量」「利他」「自利」「八正道」「お世話」「思い遣り」
「感謝」「奉仕」「おもてなし」「独創性」「常識」「ルール」「マニュアル」
などがあります。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2131-d45fa03c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック