#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 講座案内「珈琲におもてなしの心を込めて」(2)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

2050年ジャパンシンドロームに備える

お薦め度【★★★★】全業種、業態用



おもてなしの心を育む「心の礎塾」”

この講座を行う目的は、
古から日本独自の文化「おもてなしの心」、即ち「思いやる心」を見直すこと。
それは、来るべき20年の東京オリンピックでの震災支援を頂いた世界各国へ恩返しに繋がり、
そして、小高齢化社会を生き抜くための「心の礎」となる。
と言った主旨の元に開講します。

日本の珈琲店は、茶道の「おもてなし」の影響を強く受けています。
珈琲の味は、感情に左右される嗜好品なだけに、夫々の店の「人・物・店」の三味一体にして、
如何に美味しく召上って頂けるか大切です。

人と物、即ち、目に見えない人の心である「コト」と目に映るリアルな「モノ」とで、
其の場を心地良い環境に創り上げなければなりません。
中でも、「コト」にあたる人の行う接客の善し悪しは、感情から生まれる味識や心地良さ作りに影響します。

このように美味しく召上って頂く源は、個々人の「心の礎」と言える心の豊かさです。
この「心の礎」は、ひとり一人が社会で幸せに生き抜く知恵と言えるでしょう。

また、少子高齢化社会に入った現在の日本で「ジャパンシンドローム」と世界から注目され
2050年に労働人口が、今の半分になる対策として、その厳しい時代を担う今の子供達の強い心、
即ち、確りした「心の礎」を育む活動も求められます。

私達はその人口減少に打ち勝つ対策として、他者を「思いやる心」の育成をしなければなりません。

この先ず人を想う「思いやり」の心の育成は現代社会を心豊かに生き抜くためだけでなく
前記した2050年問題への礎にもなります。

その心を身に着けるために、心の要素の解説と自己診断リストを記した「心の礎の手引き」を使い、
人と人との触合いに必要な心と知恵を学ぶ場です。

この手引きには、誰もが当たり前に知っていると思っている「思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」
「感謝」などと言った【心の要素】の解説と共に、自己診断リストも記してあります。

どんなに素晴しい資格やスキル、技を身に着けていても、自分自身のマインド、
即ち心の軸「心の礎」が確りしていなくては付け焼刃になってしまいます。

自らの心を動かす起因となるこのような「心の礎」を修得しておくことは、
豊かで幸せな生き方の源であり、人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、
小高齢化社会を生き抜く子を持つ親としても大切です。

相対する人を、先ず「思いやる心」、それは『おもてなし』の心です。

★このような方にお薦めします
・「おもてなしの心」と心の原点「思いやり」の知識と知恵を身に着けたい方
・あらゆる接客サービスに関わる方
・子育て世代の方
・日々の人と触合いを大切にしたい人
・営業などに関わる方
・指導者や管理職の方・・・など

★どんなことが身に着くの?
・個々人に合わせたおもてなしの心
・日々の仕事上や生活に役立つ知恵
・対人関係の基となる心眼を育み人間力を向上できる

★学びの成果は、どんなことに生かせるの?
・おもてなし、接客接遇サービスの現場
・愛され、信頼されるようになれる
・自分自身をより深く知り、向き合える
・豊かな対人関係力が備えられる
・他者が多角的にみられるようになる

≪講座の形態≫ 
 何時までも、心に残すためにテキストと講話・ワークショップ。

〇どんなことを学ぶの?
以下にある人として大切な心の礎とその実践方法を5~6回に分けて学びます。


今回第2回の講座概要

各回【心の礎の手引き】と【テーマテキストドリル】を用い行います。

№1.にんげん力と人間力
〇人間力 〇人間力の5つの要素 
〇「にんげん力」人間力の原点 〇心・技・体 
〇自分を知り、認める為の「五現」と「五原」

№2.自分と向き合う
〇自分自身を知り、認める! 〇自分と向き合い、知り、認める
〇『自分自身』と、自分の中にいる『もう一人の自分』を知る
〇『自分』と『他人』に分ける
〇自分と向き合う≒内省する 〇自分の二つの心と向き合う

★第3回予定内容
※第3回以降の概要(多少変更がある場合もあります)

№3.全ては【認める】から始まる
〇「認め、認め合う」心 
〇総ては自分と他人を【認める】から始まる
〇自らを知り、認めることで生まれる意識
〇「認められる」ことで相手の心に生まれる意識
☆「認める」ステップ ☆「認めない理由」の色々

№4.思いやりと優しさ (思い遣り)
〇思いやりの原義を知る 〇思いやりの【ものさし】☞ 時間 
〇思いやりの語彙 〇思いやりの具体例 
〇「優しさ」を知り、認識する〇思い遣りと優しさの自己診断
◆男性と女性の関係の優しさ◆与えてくれる優しさ

★第4回予定内容

№5.立場転換
〇人生、ビジネスに役立つ「立場転換」 
〇立場転換は【自他一体】
〇立場転換の仕方 〇立場転換の具体例と診断

№6.感謝
〇感謝と礼儀 〇感謝の表現と伝達 〇感謝の伝達法 
〇「感謝」の恩返し〇感謝の心得と伝達

★第5回予定内容

№7.謙虚さと謙遜
〇謙虚と謙遜 *偽りの謙遜をする人 
〇謙虚と謙遜のまとめ〇謙虚・謙遜の心得と活動 
〇偽りの謙遜をする人は

№8.信頼・絆
〇信頼を築き、絆を創る 〇信頼される人
〇信頼を築き、「絆」を作る心得と活動

★第6回予定内容

№9.礼節とけじめ
〇礼節 〇義務 〇責任 〇けじめをつける、とは? 
〇けじめ度自己診断

№10.傾聴力
〇豊かな傾聴力は、「思い遣り」 
〇<キク>活動◇自覚しておきたいこと
〇「聞く」と『聴く』の態度 〇傾聴時の心得と活動


日時 初回 5月14日(木) 

⦿ 「A」 午後の部 15時~17時
 初めて参加される方・・・14時~17時

⦿ 「B」 夜の部  19時30分~21時30分
 初めて参加される方・・・18時30分~21時30分
 「A」「B」共に同じ内容です。

開催場所・・・住所: 〒151-0072東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目8−10 リッシェル幡ヶ谷1F
 「ポエム」幡ヶ谷店---電話:03-3374-7288

定員 学びの精度を高める為に【各10名様以内】

受講料 3,000円(解説テキスト含)(税別)
※ 初めて参加の方は、4,500円(税別)
 (A・Bの講座 一時間前に受講の場合)
※別途基本教材 
 初参加時 心の礎の手引き 2,000円(税別)

お持ち頂く物 筆記用具

講師  Humane-Adviser  基みのる

主催 「心の礎の会」 ☎080-5491-3067 

お申込みはこちらをクリックして下さい。 


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2138-3b8c4766
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック