接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  信頼の礎「感謝」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

感謝の気持ちの伝達

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

信頼感謝

様々な環境や人に生かされている現実、
相手在ってこその自分、即ち支え合う【人】の文字です。
そのことを常々意識し、感謝すること大切さを自覚し、
表現伝達かることは、「信頼」の【】です。
そして、円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、
先ず人を「認める」ことと、何事、何人にも「感謝」を意識し、
その夫々を表現する態度、言動です。

一般的に、「感謝」は相手に言葉やもの、
態度で伝えるだけものと考えがちですが、
その気持ちだけでは心の篭った感謝は伝えることが出来ません。
先ず、自らの心に向かい「嬉しい」「有り難い」「お陰様で」と
深く念じてこそ、自然に相手の心に通じ、
心に響く、真の感謝の表現が出来るのです。

よく相手が見えない電話で「ありがとうございます」と
言いながら頭を下げている人を見かけます。
その方は、実際に対面していない目に見えない相手にでも
「心から感謝を伝えているんだなぁ」、
「素敵な感性を持っている人だなぁ」と
感心させられます。

この様な自然な姿形で感謝を、
相手へ表現すること(≒愛他精神・利他心)を身に着けておくことは、
心豊かで幸せになれる近道だと思います。
そして、心に響く感謝を表わし示すことは、
大きな感動といつまでも残る素晴らしい「余韻」を創出します。

心の伴わない、形ばかりや口先だけの感謝の表現だけでは、
感謝に心とその重みを感じられず、その場限りになってしまい、
伝えるべき相手の心に届きませんし、人として他者に優しく、
豊かで潤いのある愛情を感じられる心(≒利他心)を育むことも出来ません。

小さなことでも感謝し、それを表わし伝える癖を付けることは、
その人の様々な人間力を育みます。

己の損得、個人的な好き嫌い、親交の度合い、
年齢や上下関係、社会的地位などで
感謝の伝達の要不要を判断している人がいます。

一個人として認めること、その人へ感謝することと、
その相手への感情や気持ち、損得勘定は、全く別なものだと思います。
人として感謝を伝えることは、
喩えどのような人間であっても、
心情は度外視して伝達すべきです。

また、特に親しくない間柄でも、
その人の善意や好意の感じられることには、
ひと言の感謝の言葉であろうとも伝えたいものです。

幸せな人になる為にも、小さな些細なことにも
感謝を表わす言動を日々積み重ねて行くことです。

人と繋がる感謝のひと言、『ありがとう』は、
重みのある大切な言葉だと強く自覚しましょう。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2149-4e55985a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック