#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしの「礎」三味一体(2)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

三味一体(物=商品・料理の味)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

人物店の味

物(商品・料理)の味
(商品・料理の味、お客様の嗜好との相性、感性・・・)
心⇒料理人の心を表わす、お客様への心遣い(季節感・目的・時間)、安全性、etc.
技⇒調理技術、素材選択、季節感の表現力、技の追及、こだわり。オリジナリティ etc.
体⇒T・P・Oに合わせた器や盛付、美観、季節感 食器のセンス  etc.

[対象]
A.商品やメニューについての知識として持つべきこと
B.販売接客係として、商品やメニューについての関連知識として持つべきこと
C.両方共に持つべきこと
備考)【  】内は、1~50の全ての項目に当て嵌まります。
また、必要に応じて心技体・修得度・その時期・優先順位を入れてお使い下さい。

☆各項共通・採点結果=( )点
大変良く出来る=4/出来る=3/大体出来る=2/一部のみ出来ない=1/出来ない=0


【心・技・体、対象=A.B.C、必要度=大・中・小、重要度=重・中・軽/優先順位=1・2・3】


1. 商品やメニューに店舗の心が反映されてありますか?
2. スタッフ全員が店舗の売りをお客様に伝えられますか?
3. 商品としての価値観は充分にありますか(価格は適正ですか)?
4. 五感で商品、飲食物を診断していますか?
5. 商品、飲食物の差別化(日常・他店)を図っていますか?

6. 同一(類似)商品は、競合多店舗との違いがありますか?
7. この場所でしか味わえない独創性のある商品や飲食物がありますか?
8. 独自のオリジナリティやブランド性のある商品は、幾つ有りますか?
9. その商品の告知、伝達は充分になされてありますか?
10. 提供する商品、飲食物と顧客ニーズのマッチングは適切ですか?

11. 主になる商品、飲食物の味を季節やトレンドに合わせて工夫していますか?
12. 独自ブランド性、独創性や個性(オリジナリティ)をスタッフが説明出来ますか?
13. お客様の嗜好との相性に合わせた商品、飲食物の製作、提供をしていますか?
14. 商品、飲食物の製作意図や目的をお客様に伝える仕組みがありますか?
15. 季節や時期に合わせて内容や告知方法を変えていますか?

16. 消費者に渡る前に自らが商品を使ったり、味わったりして体験していますか?
17. 提供する商品、飲食物に関する情報収集は充分になされていますか?
18. 生産地を接客担当者にも伝える仕組みがありますか?
19. 商品、飲食物の価格と量にお得感がありますか?
20. 商品、飲食物の安心感と信頼性に常に留意していますか?

21. 飲食物は見た目(盛付け・組合わせ)に配慮していますか?
22. 提供のタイミング、包装・時間など適切な時間管理をしていますか?
23. トレンドや内容に合わせて感性豊かな器や包装に心掛けていますか?
24. 商品、飲食物に対するお客様の満足感をお客様目線で見ていますか?
25. 目的別の商品、飲食物の品揃えは充分ですか?

26. 提供時の様々な演出を考慮した商品、飲食物作りをしていますか?
27. テイクアウト時は製作時間や消費・賞味期限を必ず明記し、伝えていますか?
28. 店舗内で生物の鮮度や保存方法に気をつけていますか?
29. 飲食物の価値観を高めるために、接客上の工夫や努力をしていますか?
30. その他の付加価値要素の追求にも努めていますか?

31. 視覚販促物(ポップ・お品書き・限定メニューなど)をお客様目線で作成してありますか?
32. 営業時バックヤードでの販売・接客スタッフとの連携は適切ですか?
33. 説明に必要とされる様々な情報を、接客担当者やスタッフに提供していますか?
34. 相性を考えた商品構成やメニューになっていますか?
35. 商品、飲食物のABC分析をしていますか?

36. 開発・調理技術の向上に努めていますか?
37. 商品に限らず安全衛生・清潔に心がけていますか?
38. 市場や仕入れ先、生産地などに出向くなどして情報収集や研究開発をしていますか?
39. 調理人として顧客の状況、状態を把握するための行動をしていますか?
40. 調理人として、直にお客様の声を聞いていますか?

41. 現況の把握、今後に生かすために、飲食物のABC分析をしていますか?
42. 経費節減意識を持ち、材料の無駄やロスの無いように心掛け、実施していますか?
43. 常に原価を意識したバランスのよいメニュー作りをしていますか?
44. 計画性のある商品構成をしていますか?
45. 飲食物の売上げ分析、出数管理を常に行っていますか?

46. スタッフ同士、セクション別の融和やミーティングを図っていますか?
47. 商品、飲食物に関する様々な問題解決(クレーム処理)は速やかに行っていますか
48. 商品、飲食物の余韻作りに心掛けていますか?
49. 日々、商品メニュー全体を振返り、見直しを行っていますか?
50. 明確なビジョンを持って仕事に取組んでいますか?

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2155-d63b5915
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック