#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) ジャパンシンドロームへ目を向けよう。

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

親として【子供の心を育む】

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

2050年問題2-11

今、私達大人が成さなければならない少子高齢化対策活動の提言
日本の社会は、「個」の環境と成り、個々人の生活が優先される時代になりました。
同時に、今現在の自分自身の容姿を磨くことにも力を注ぐ傾向があります。
決して、そのような目の前のこと自体を否定している訳ではありません。
ネット上やSNSなどの投稿からですが、
子供を持っておられる方の今現在の豊かで幸せな家庭生活や
環境をエンジョイしながら日々楽しく生活している人を多く見かけます。

人は、心身共に満たされ、幸せの真唯中にいると、先々のことが見えなくなるものです。
また、我が自分がと言った自分の今の姿や生活を誇示する方も少なくありません。
日々の生活を楽しみ、自分の美を追求しアピールすることは、素敵なことだと思います。
しかし、少子高齢化社会に入った今の日本で、子を持つ親として、
将来日本の社会を担う現在の子供達の強い心を育むための
対策や行動に目を向ける必要があると思われます。
2050年の人口が今の半分に減少する日本の社会では、
他者を思い遣る心を大切にし、人と人との繋がりを強くし、
心の体力のある社会人に育てなければなりません。
その為に、子供達をどの様な人間に育てたら良いのか、目標となる人物像を下記します。

1. 他者を人として認め、周りの人を思い遣れる人
2. 真実を貫ける人。
3. 真の不動心を備えている人。
4. 態度や言動、心に裏表がない人。
5. 正直で嘘、偽りの言動をしない人。

6. 謙虚に共に学び考え、共に育つ心のある人。
7. 人の器を形成する核として知情意を持つ人。(≒自律心の保有)
8. 高い人間力即ちE.Q.(心の知能指数≒自律心)を備え持っている人。
9. 己を信じられる人。 (≒自己認識力・自律心の保有)
10. 他者の思惑を気にせずに、自らを指させる人。(自分の教育者は己だと自覚出来る人)

11. 感情や煩悩を自制、コントロール出来る人。
12. 些細なことでも心からの感謝を伝えられる人。
13. 真心を備え人や物事に相対することが出来る人。
14. いつ誰に対しても、ТPОに合った礼節(けじめ)を備え持って接しられる人。
15. 信用、信頼を決して裏切らない人。

16. 苦難や心の葛藤や苦しみを抱えながらも、それを乗り越えて生きて行ける人。
≒苦難・苦境にチャレンジ出来る人。(忍耐力保有)
17. 何に対しても、一度は謙虚に受け入れられる人。
18. 物事や人物に対し正しく判断が出来、イノベーション意識を備え持っている人。
19. 自利利他心と思い遣りの心を備え、人と上手に関われる人。
20. 問題解決力(ソリューション能力)を備え持っている人。
 (様々な出来事や問題を冷静に落ち着いて受け止め、解決する為の次の行動に移せる人)

21. 他人の心身の痛みや苦しみを己に置き換え理解しようと努めている人。
22. 自分にとってどんなに学ぶ力が重要かを理解し、自から進んで学ぶことに取組める人。
23. 意思表示が明確で、信念(志)を貫ける人。(≒自律心の保有)
24. 適度のアピール、自己顕示が出来る人。
25. 寛容な心を備え、他者を許せる人。

26. ポジティブ≒前向きな意識の保有している人(明元素のある人)
27. 強い責任感≒役割の自覚と認識のある人。(責任性)
28. 揺るぎない自信と信念を持ち、それを貫ける人。(自己認識力=自信)
29. 自らの可能性を信じられる人。
30. 自らの心と言動を指させる力を備えている人。(自己認識力=啓蒙力)

31. 平常心≒平静心を備えている人。(自己認識力)
32. 感謝の心とその豊かな表現力を備え持つ人。
33. 自己犠牲心を備え持つ人。≒奉仕の心とその発信や活動の出来る人。
34. 自らの心を動機付けすることが出来る人。
35. 強い義務感≒責任感のある人。
・・・・・等々

このような人間に育成する為に、夫々の家庭や学校で、
子供達にどの様な心を育くめば良いかをも、
同時に考えることも忘れてはならないと思います。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2159-da5379a7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック