#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 知恵のイン・アウトプット.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

学びを生かす【思いやる心

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

インアウト

社会がどんなに進化し、発展しても
社会を構成する人の『心』は変わりません。
人は、日々生活しながら様々な学びや
生き抜く知恵を体得しています。

そして、どんなに素晴らしい学びや知識であろうとも、
それを自らの心の中に確りと落とし込め(インプット)
なくては何の役にも立ちません。

落とし込んだことを自らの力で消化し、己の血肉とし、
生きるための知恵としてそれを生かす活動を継続して
行わなければ身に付かないのです。

社会生活では勿論のこと、学問の世界でもスポーツ界でも、
著名に成り頂点に立つ人は、自分自身に言い訳をせず、
基礎となる知識の修得や基礎体力作りのための努力を
楽しむ時間を切り詰めても出来る限り作り、
日々時間を大切にしながら惜しまずに続けています。

そして、思うように能力が出せなかったり、
成績が残せなかったりした時は、基本に立ち戻り、
基礎作りの為に様々な活動を繰り返し、
繰り返し完全に身に付く迄行っています。

そう言ったことを支えているのは、
自分自身と正面から向き合う勇気であり、
謙虚な姿勢とチャレンジ向上心であり、
自分が生かされていることへの感謝であると思います。

一流・プロと言われる人は、
他人の評価や思惑を意識せず、常に夢と高い目標を抱き、
多くの人達に支えられ、生かされていることへの感謝の心を忘れず、
真摯に「自らの心と能力に向き合う」ことを
怠らないからこそ素晴らしい成果
が得られるのです。

また、プロのスポーツマンにも見られるように、
そのようなことの出来る方は、確りと心にインプットし、
血肉にした学びや知恵、身に付けた力や技を惜しむことなく、
アウトプットする様々な活動も行っています。

この様な行動は、
多くの人達に支えられ、生かされていることへの
感謝の気持ちの元での愛他利他の活動であり、
仏教で言う「施し」にもあたると思います。

また、このような心は、※「直き心」を礎とした
思いやる心」を備え持ってこそ出来るのです。

改めて私達は「人」の文字の如く、
人は、他人に支えられ、生かされ生きていられることの
大切さを自覚認識する必要があると思います。


※「直き心」は、真理を愛する心で、
直は「素直」の意で、正直・実直・率直・撲直などで、
※1.直往邁進(ちょくおうまいしん)して※2.「義」の為に、
※3.「勇」を奮うのも直とされています。

※1.【直往邁進
ためらわず真っ直ぐに進んで行くこと。
従って邪なこと、卑怯、緩慢、優柔不断なことを嫌う。
心が真っ直ぐで正しい者は、言うことに嘘偽りがない誠実さに当たると解します。

※2.「
打算や損得のない人としての正しい道、即ち正義を指すものです。
人間の欲望を追求する「利」と対立する概念として考えられた。

※3.「
正しいことを敢然と実行すること。
勇気は、心の穏やかな平静さによって表される。
例えば、地震にも慌てることなく行動することです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2168-988f8963
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック