#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 当たり前の「ものさし」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自分自身の当たり前の「ものさし」を指さす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

当たり前長角green

〇自分の当たり前の「ものさし」

社会生活が豊かに成り、有り余る情報が溢れている個々人優先の現代社会では、
ひとり一人の物事の見方や対人関係上の当たり前の「ものさし」が異なります。
しかし、時代がどんなに進化しても、人として「当たり前」に備えて置くべ
き『心』についての様々な「知識」とその【ものさし】は人間にとって大切です。

そこで、先ず自分自身が当たり前としている様々な「ものさし」を振返ってみる必要があります。
そして、自らの心を育み、個性的な魅力を作るために、
自分自身の当たり前としている「ものさし」を振返り、見直すことは、
自らの心を成長させ、触合う人々への思い遣る心を育みます。
これは、自分と相手の≪目線・心眼≫=「ものさし」を観察・察知し、知ることでもあります。
此処で言う「ものさし」とは、見方・尺度・捉え方・定義上・意識上などの基準です。
別な捉え方として、対象となる相手を立場転換意識の元に、「判断・決断」することでもあります。
人としての適正、適切な「ものさし」を持つことは≪思い遣り≫なのです。


〇当たり前の「ものさし」の種類 (自分自身用)

1. 一人の人間、社会人としての躾とモラル(コンプライアンス)
2. 日本人として感性
3. 社会人としてコンプライアンス
4. 大切な人を見分ける
5. 正しいを見極める

6. 自省・内観≒自分の総てを見つめる(感情欲望など自制・自己啓発)
7. 自分自身の感性
8. 利害を見極める
9. 状況判断
10. 他者や物事の判断、決断

11. YES、NОの判断、決断
12. 清潔感の表現(人として・職業人として)
13. 身嗜みの表現(心と身体)
14. 対人関係に於ける心の知識(受容・思い遣り・感謝・奉仕・誠実など)
15. 対人関係上の挨拶(マナー)

16. 姿勢・態度(取組み姿勢、モチベーション)
17. 立場や環境に適した動作(仕草・所作・行動)
18. 言葉の使い方(語彙の認識・ТPО・敬語・挨拶・接客接遇用語)
19. 対面会話上、敬語、謙譲語の知識
20. 口調の使い別け(話し方・思い遣りの表現・心の伝達)

21. 目と顔の表情(自覚)
22. 電話での応対、会話全般
23. 私公文書、メールの書き方
24. 報告・連絡・相談・点検・確認に関する
25. 対人関係上の観察・察知・洞察⇒(目配り・気配り・心配りなど)
・・・など

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2187-d73a27ce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック