接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  医療・介護の原点「思い遣る心」-1.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

ホスピタリティ(おもてなし)の心と態度(医療・介護)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

医療・介護5E

医療や介護の現場に携わるお仕事は、大切な他者の「命」に関わる仕事です。
この仕事に関わり、携わる人々は、患者さんや介護する方は勿論のこと、
周りの人々にも思い遣り、お世話の心で接し、「おもてなしの心」を表わさなければなりません。

介護や看護に従事されている方々は、様々な精神的な負担を乗り越えられる
「情熱」と「忍耐力」を備え持っているかが大きなポイントになります。

施設にお世話になられる方々、患者さんのケアをなさっている現場スタッフの心の豊かさ、
心の在り方は、施設や機関の信頼にも大きな影響力を及ぼします。

介護や医療現場のスタッフへの処遇、即ち施設や機関を管理する人の現場で
実際に働いているスタッフへのホスピタリティ意識の保有、
その人達への「思い遣りの心」とその表現と行動は、
とても重要で大切なことであると思います。

【医療・介護スタッフ職務心得】
imagesCA3DT46U.jpg
1 ホスピタリティとは何かを自覚認識し、勤務に従事する
2 どんなに忙しくても、私心を捨て、相手の身になって応対をする
3 職場の仲間を、同じ目的を持つ大切な人と意識する
4 医療に従事する者として、清潔感のある身嗜みをする
5 診察室、医務室、待合室、職場の清掃、美化、整理、整頓、の5.Sを徹底する

6 誰に対しても、こちらから積極的に挨拶やひと声がけをする
7 その日の気分や自分の好き嫌い、感情で勤務しない
8 いつでも周囲の環境に影響されることなく冷静な態度、言動をする
9 通路など出来る限り端を歩くように心掛ける
10 いつもチームワークを考えて行動する

11 業務や結果の報告、連絡はきちんと行い内容を確認する
12 自分が受けた事項は最後まで責任を持つ
13 備品器具などを「もったいない意識」で大切にする
14 当たり前になっている安全、安心、衛生意識を適時振返る
15 いち早くその場の空気を読むことが出来る

16 依頼された事項は復唱確認をする。
17 仲間同士の会話でも「はい」「お願いします」感謝の一言「ありがとう」を添える
18 周囲の離席中や不在の者を知るように注意を払う
19 業務に追われていても話す口調は穏やかに会話する
20 職務中、自己事情の表情を出ないよう自己管理(自制)をする
(態度、疲れた顔や目、様々な不=不安・不機嫌な顔、苛立ちなど)

21 尋ね易く話し易い、柔和な表情で業務や待機をする
22 担当部署が目で判るネームプレート装着や身嗜みをする
23 触合うみんなに平等に感謝の態度、言動をする
24 公私の区別を意識し、無駄話(人の噂話、陰口)や私語雑談をしない
25 ハッキリした口調で伝わるように会話をする

26 会話は親しみ易さと親切さ(親近感)に心掛ける
27 けじめを持ち、丁寧な言葉遣いをする
28 病院、施設の一員と自覚を持った態度、言動をする
29 広い視野で与えられた持ち場全体を見る
30 職務遂行上必要と思われる新しい情報・知識の収集をする

31 お会計をされる方に合わせて、正確にハッキリと金額をお伝えする
32 今は何を最優先して行うかを考えて行動する
33 相手に聞こえ、伝わるような発声、口調で話す
34 自分の受けた業務を他の人に依頼した場合、処理の確認をする
35 待合室や広場の快適な居住性を保つよう、気配りをする

36 天候や季節に合わせた出入り口管理をする
37 観葉植物、生花、装飾品など、心を和やかにする物の美化や手入れをする
38 お忘れ物が無いか、座席などの点検、確認をする
39 当日の出勤医師や看護士の名前と勤務時間を知っておく
40 院内の全スタッフ名と所属部署名を予め知っておく

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2196-ea82f144
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック