接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  課題・目標・計画の【設定とポイント】

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

目標計画の設定手順とポイント

課題・計画・プランgreen

今年も、もう後期に入りました。
以下、後期の目標計画を立てるため参考にして頂ければ何よりです。

今期の課題目標・プランは、 具体的に一つずつ確認して決めて行きます。
この場合、先ず会社や上司の指示によって基礎プランを遂行する本人が自ら作成するか、
或は上司との初期面談により骨子を明らかにした上で作成します。

その際、大切なのは何故この課題目標にしたかと言う「目的」を明確にすることです。

課題目標設定に関しては、コンセプト、具体性、到達可能性、難易度、
チャレンジ性、比重の大小、予測できる障害、6W3Hを予め考えながらプラン作りを行うことです。

そのプラン作成に当たり、自らの背丈に合わせた課題目標の内容を自ら作り上げた上で、
上司との面談で内容に無理がないか、足りないかを確認しながら行うことです。

その際の【ポイント】は以下の通りです。

1.このような課題にし、具体的な目標値を出す。  
2.精度、クオリティはここまで高めよう。
3.結果、成果を出す為に具体性のある予測をする。
4.課題、目標水準をどの様にして高めるか、プロセスも同時に考慮する。
5.具体的に何をするのかを明確にした改善、改良をする。 

6.プロセスの予測、最終的な仕上がりの内容を予測する。
7.どの程度の時間や経費、労力が必要なのかを試算する。
8.何時までに、或は何時から行おう。
9.課題・目標達成の妨げや障害になる要素を人と物とに分けて考え、対策も思案する。
10.進捗の点検、報告のサイクル、時期、方法を明確にしておく。

※常に原義原則である目的を認識しながら行うことです。  
また6W3H、P.D.C.Aで組立てた進捗表並びに課題・目標のチャレンジシートを作成します。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2202-9b522197
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック