#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「けじめ」と「筋」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

けじめ(公私の区別)とを通す~

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

「けじめ」「筋を通す」

日常生活でも、仕事上でも、不可欠なけじめ」と「を通す」ことについて考えてみましょう。

社会で生きていく上は勿論のこと、日常生活でも、仕事をする上でも
けじめ」は、なくてはならない大切なことです。
それは、人としての【を示すことであり、
モラル」、「を通す」、「誠実さ」を表すことでもあります。

人から愛されたり、尊敬されたり、親しまれるために、私生活で信用、信頼され、
会社では、キチンと円滑に業務を行い信頼され期待される人となるために必要です。

自らの立場を弁え、人として確りとした
「精神の指標」(=)を弁えた上で
「言うべき時か、否か」や
「正しい・良し悪し」の判断をし、
「言うべきことは言う」
「言うべき時には言う」
をすることが「けじめ」であり人として「を通す」ことです。

それには、先ず、社会や職場の ルールをキチンと守ること。
また「良いことは良い、悪いことは悪い」と判断し、
「出来ない時は出来ない、出来る時には出来る」などの、
けじめ」や「筋を通す」ことを心掛けることです。

そうして行く中で、何が良いのか、何が悪いのかが、少しずつ理解出来て来ます。
同時に、正しい判断の仕方や決断力が身に付くようになります。

大切な人に接する時の心構えに、「けじめ」と「筋を通す」が有ります。
けじめ」とは、“今は、何をする時か?”をよく考えてすることを指しています。
筋を通す」とは、“道理にかなうようにする。物事の首尾を一貫させる。”ことです。

人は、「」を大切にする余り、「けじめ」を忘れたり、
人として「筋を通す」ことをから逃避してしまう場合もあります。

よほど悟った人でない限り、人間は放っておくと、楽で安易な方に流れてしまいます。
中途半端な考えから「和」を実践しようとすると、人間関係が乱れてしまいます。

必要特定の人に対し、大局から見て「けじめ」をつけること、人としての「筋を通す」ことは、
長い時間の流れから見て、人間が性善であることの表れと言えるのです。


✡「けじめ」(けぢめ)の原
[1]物と物との相違。区別。差別。
[2]道徳や社会的規範に従って言動に表す区別。
  節度ある態度。言動における節度。
  師弟のけじめ・公私のけじめ
[3]次第に移り変わってゆく物事の、前と後の違い。
  連続する物事などの境目。区切れ。
[4]隔て。しきり。

✡「筋を通す」の語彙(大辞林より)
 道理にかなうようにする。
 物事の首尾を一貫させる。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2204-c348ccb6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック