接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「筋を通す」-自らの本質を認める

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

【筋を通して生きる】

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

己の本質を認める「筋を通す」J

人との触合いで、あの人の話は「筋が通る」とか、
彼は「筋が通らない」ことを話すとか言います。
話に人としての“筋”がなければ、その場その時の気分や感情で
話をしているように相手に聞こえてしまい、信用性や説得力に欠けてしまいます。

“筋”とは、人間の精神の指標を指し、それはその人が持つ判断基準です。
人は夫々の立場で判断を迫られ、自分の判断基準に照らして、
「良い悪い」を判断しているはずです。
その判断基準の根源は、道理やモラル(倫理)、詰り社会人としても、
人としても正しい物事は何か、という原理原則に拠るのです。

故に、物事に「筋が通る」ということは、
単に論理的に矛盾がないということではなく、
コンプライアンス意識の元、
人として取るべき道(≒倫理観)に照らし合わせて、
不都合が生じないということです。

詰り、頭で軽々しく判断したものではなく、
理に叶っていることを筋が通るというのです。
この筋を持たない人は、人としての決断や判断がキチンと出来ません。

それは、自分の基準をどこに置くかを自らが解らないからです。
これに反して、“筋”を持っている人は万般に通じていきます。
そしてそれは、“筋”というものが、万人に納得し得るものだからです。

人や物事の正しい判断や決断をするためには、
自らの中に確り指標(軸)がなければなりません。

人間の行動は、現実や思想と矛盾している事が多く、
どうしてそのような行動に出るのか
自分ですら分からない事が多くあります。

増してや、その行動を他人が理解する事など、
凡人には中々出来ないことです。

その行動で矛盾や言い訳などとは縁のない、
筋を通して生きることについて記してみます。

★「筋」とは何か?

私見ですが、「筋」とは、自らが正しいと信じる「心の軸」と捉えます。
この「」を稲盛和夫氏は、 人間の精神の指標を指すと言っています。

筋を通す」ということは、誰からも受け入れても貰えず孤立しようが、
他者からどのように評価・批難されようが、
自らが正しいと思う、志・信念を一貫して通す事です。
或は、時代や流行に逆走していようが、
自分の理念や思想を揺るぎなく押し通すことです。

自分自身の心は、他者には絶対解りませんし、自分にしか解りません。
当然、自分も相手の本心がどんなことかは解りません。
筋を通す」ということは、己の正しいと信じる本心に忠実に生きることです。

このような「筋」とは、自分の本質が何であるかを自らの力で見極め、
それを貫いて行くことであり、それが【筋を通す】ことであると解します。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2207-347a8c61
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック