#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 現代の躾&モラル意識

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

モラル意識の変貌

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

躾とモラル意識

個人の当たり前やと常識力、モラルは、環境、立場、年齢や体験のより差が出ます。
その中でも、その人の育った環境と体験や年齢による差異は顕著に表れます。
厳しいをされて育てられた人、甘やかされ自由奔放に育った人でも差異が生まれます。

特に「」は、子供の頃からの親の考え方、取組み方や育った生活環境に
大きく左右される場合が大変多いのでないかと思われます。

当然ながらベテラン社員と新入社員との常識力は異なりますし、
20代の若者と40~50代の人間では常識力が異なるのは当たり前です。

の根本は、社会の為に働く人間としての
誇りの自覚と認識と周りの人々への思いやりです。

一般社会人の「躾」と「モラルの修得は、
人として社会人としての様々な決まりを
「学習化」⇒「習熟化」⇒「習慣化」⇒「習性化」
のプロセスから成立つこと認識し、それを実施することです。

また、挨拶力も捉え方によっては「常識力」に含まれると思われます。

社会には、様々な常識力がありますが、その基礎となる「躾」「モラル」について考えてみます。

さて、20世紀末頃迄は、日本人は人の目人種と言われ子供は人様に対する「」を柱に

「そんなことをすると人(誰々さん)に笑われますよ」
「我が家の恥になるようなことは止めなさい」
「みっともないから、やめなさい(してはいけません)」
と言ったように人の目や思惑を意識した躾で育てられて来ました。

これに対し、欧米の子供の躾はキリスト教の教え「善悪」を前提にし
「それは悪いことだからしてはいけません」
「人に迷惑をかけると罰せられます」
「それは、良いことだからしなさい」
と言う風に躾られて育ちます。

要約すると20世紀末頃迄の日本は「恥の躾」、
欧米は、「罪の躾」であると言えます。

私見ながら21世紀に入ってからは、自らが積極的に他者を認めず、
認めて欲しい、認められたいと言う人、個人の利益、安心安全を優先する
「保身?の躾」になっているように思えます。

従って、個を主に捉え、自己顕示や自分さえ良ければと言う考え方、
褒めてぬくぬくと育てられた結果、打たれ弱くキレ易い体質になり、
人としての常識力を軽んじ、モラルを低下させる結果になっているのではないでしょうか。

社会の中枢を担う人や人を指導教育する立場の人に、古より日本人が大切にして来た
人の礎とも言える「義」や「礼」、モラルに乏しい人達が多くなってしまったように受け止められます。

また、私達日本人は、自分の家の物は、よく気をつけて大切に使い、清潔に保ちます。
しかし、海外で公の乗り物の中や施設を汚すのは日本人が多いと言われています。

数年前にあったヨーロッパの有名な遺跡に、日本人の若者の心ない落書きがされていたり、
公共のトイレを汚したまましにしたりする事例が実在しているのが現状です。

私達は、日本人の原点である「義・礼」を省み、
その大切さを再認識する必要があると思われます。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2213-61eec570
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック