#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 日本の心「義」と「和」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

【武士道のと日本のの心】

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

武士和義s

」、とても重みがある言葉で、打算や損得のない人としての
正しい筋道」即ち「」を表わしています。

人は、自己顕示や我欲ばかりを追求していると利己的な生き方に陥ってしまいます。
それは人と人の競争や対立を生み、組織と組織の争い、国と国の戦いをも生み出します。

また、現代を生きる私達にとって重要な課題となっている少子高齢化、
環境問題や食糧・エネルギーなどの問題も、利己的な生き方のままでは解決できません。

これに歯止めをかけるのが、私達の日本人の心にある「の心」や「利他心」、
モラル(倫理観)であり、そしてそれを人として「」を通し、実践することこそがであると思います。
同時に、他者を「思いやる心」、「筋を通し人を立てる」の心で、
を以って尊しと成す」の精神である人と人との繋がりを強めて行かなければなりません。

現代に生きる私達にとって“”“”とは、どんな行動でしょうか?

貴方にとっての”“義”とは、どんな行動、どんな生き方なのでしょう?

「義」と言えば、戦国武将「上杉謙信」「直江兼続」が思い浮かびます。
謙信は、家臣の直江兼続に『天下を取ることなどは小事に過ぎず、
それよりも「義」を貫いて生きることの方が大事』と話しことは知られています。
過去、日本では、弱者を平気で切り捨てて「勝ち組」とか「負け組」だとか騒ぎ立てた時代もありました。

「人」の文字の心を忘れ、人が人を「勝った」「負けた」などと平気で言え、
自分だけが満足し、幸せでいいなんて言う社会は何処か違和感を覚えます。

勝ち負けに関わらず、人を思いやる心、正しいことをして堂々と胸を張って生きる、
それこそが本当の勝者、幸福者だと思います。

このような生き方をしてこそ、人は生きている幸せを感じることができると信じます。
私は、自分の欲や他者の力に負け、落ち込み、騙され、裏切られたこともあります。

現代社会は、弱者が更に追い詰められ、自ら命を絶つ人もいます。
こんな世の中だからこそ、日本の心である「和」と「義」の精神が必要だと思います。

厳しい少子高齢化社会に入った今、「和を以って尊しと成す」の日本の心の元、
私達は「義」の精神を備え、人をサポートし、人を育て、未来に希望を持って生きなければなりません。

ひとりでも多くの人がこの「和」と「義」の心を備え、人を思いやり、
権力や利害関係などに屈することなく、正しいと信じることに迷わず突き進む
「謙信」や「兼続」の堂々とした生き方が出来る社会にして行かなければならないと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2220-cb9a7232
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック