接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  日本人の特質(改訂)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

日本人の心「

お薦め度【★★★★】全業種、業態用
日本人の特質

古より、日本人の心を表わす精神は、「の心」であると言われます。
この日本の精神の特徴は、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調の精神です。
かつて日本列島に住みついた人々は、小さな「」即ち環濠集落を作り分立していました。
その小さな集落が徐々に国家を形成するようになり、やがて大きな国家に統合されました。

そのような中、人々の心に対立・抗争より調・融合をよしとする「」の精神が育まれ、
一つの日本民族として融合し、形成されて来たのではないかと考えることが出来ます。
私達の住む日本の気候は、温暖さ湿潤さを兼ね備え、照葉樹林を中心とした多くの森林に覆われ、
四季の変化に富み、台風があり、降雨量も多くあります。
そして我が国は山海の食が大変豊富で、猛獣が少なく、大変生活し易い自然環境です。

このような日本の自然の風土が長年に渡り人々の生活に影響し、互いが敬い、
そこから生まれる「」を好んで尊ぶ国民性から形成されたとも考えることが出来ます。

また、日本人は自然の様々な現象に「調和」を見出し
自然と共に生きられるように心掛けて来た民族だとも言えます。
詰り日本民族が「和」を大変重んじるのは、自然からの恵みに依るもの大きいと考えます。
また、日本人は人の目や他人の思惑を重んじ、恥の意識を植え付けられながら育ちます。
このような自然環境や様々な日本人独自の民族性から生まれて来たのが、
世界に類のない日本独自の文化「おもてなし」です。


【日本人の特質50選】

1. 礼儀正しくきちんと挨拶をする。
2. 相手を大切にし、思いやる心で接する。
3. 親切で世話好きである。
4. 対人関係で、目に見え難い心を優先する。
5. 気遣いや気配りの意識が高い。

6. 人の思惑や人の目を気にする。
7. 「群れ意識」を持ち集団行動を好む、命令に従う習慣がある
8. ルールに従順である。
9. 道徳観念は、根本的に恥を重視し、罪は軽視される。
10. 他者の邪魔をせず、争わずの意識が強い。

11. 良いところをさりげなく褒める。
12. 横並び意識が強く協調性を重んじる。
13. 伝統や文化を重んじる。
14. 「侘び寂び」と言われる地味を愛する。
15. 自己主張を派手に主張しない。

16. 他人に親切にするという感覚が自然に備わっている。(世話好き)
17. 外面(ソトヅラ)と内面(ウチヅラ)を持つ。
18. シャイである。
19. 律義である。
20. 風情を楽しめる。

21. 美意識が高く、綺麗好きである。
22. 地方によって捉え方や考え方に差異がある。
23. 無造作に作られた物に真の美しさを見出す、不完全美への傾倒を持つ。
24. 何でもこじんまりキレイに仕上げるのが得意である。
25. 「もったいない」という倹約意識がある。

26. 完璧主義者であり、極端なほど秩序にこだわる
27. 執着心が薄い。
28. 仕事が丁寧である。
29. 物作りを極める。
30. 時間や約束を守る。

31. 手作りが好きである。
32. 物真似が上手である。
33. 虚飾を嫌い、何気なさや自然さを好む。
34. 問題の先送りは得意である。
35. 流行に流され易く、敏感である。

36. ブランド依存意識がある。
37. 白黒ハッキリつけるのは苦手(曖昧さを美徳する)
≒日本語はノーとイエスに、沢山の言い回しがある。
38. おくゆかしく自己主張が苦手である。それが日本人の美徳にもなり得る。
39. 個人間の関係は驚くほど誠実である。(仲間意識が強い)
40. 治安が良く、災害時でも冷静である。但し危機管理が甘い。

41. 細部まで拘る。(整理整頓、ギフト包装など)
42. サービス行為の背景にある「考え」や「気持ち」を重要視する。
43. 合理性に欠ける。
44. 創造性に溢れている。(クールジャパンと言われるアニメやオタク文化など)
45. 確固たる自我を持ってない人間が多く洗脳されやすい。

46. 貯蓄好きである。
47. 「灯台元暗し」に陥りがちである。
48. 楽観的である。
49. 衆愚政治に陥りがちである。
50. 平和への拘りが強い。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2247-132cde53
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック