#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 接客と接遇の違い

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

接客接遇

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

接客と接遇

よく「接客接遇はどう違うのですか?」と言う質問をされます。
色々と調べてみましたが、接客接遇の違いを定義したものはありません。
そこで、私見ながらこの二つについて記してみます。

接客」は言葉の通り、会社・お店や家庭へ見えた大切なお客様に触合いや接待の場などでの
「もてなし=おもてなし」の心とその心を伝え現す会話や態度行動を意味しています。
一方の「接遇」は、主に医療や介護の場、航空業界などで、
患者さんや乗客へのおもてなし(ホスピタリティ)や言動(意識)を表現する言葉として用いられています。
また、「接遇」は日常生活や人との触合う全ての場での
「もてなし=おもてなし」の心と言動を表現する言葉とも解釈出来ます。

大きく捉えると、「接遇」はあらゆる人への「もてなしの心と態度、言葉づかい」を意味し、
人として生きて行く上で、大切な触合う人々との対人関係に無くてはならないこととも言えます。

職業や年齢、性別に捕われず、幸せを掴むためには心を重んじた「接遇」の修得だと考えます。
そして、「接遇」を修得することは生きて行くために疎かには出来ないことです。
触合う相手の心に響き、誠実さや感謝を表現し、伝達する「おもてなし」の接客、接遇をするためには
マナーや接客、接遇の「原点」である「思いやり」の心を身に着けることが求められるのです。

おもてなし」は全ての接客、接遇に共通し、
相手を「思いやりの心」、「一期一会の心」と言動・態度を表す言葉です。

集約すると、「おもてなし」は「接客・接遇」に共通で、「接遇」の中に「接客」が含まれると解します。
このようなことから、研修や育成プログラムの内容が接客と接遇では多少異なります。

接客は、相対するお客様中心に多角的なマナー中心のプログラム

接遇は、相対する相手と自らの心創り、その取組み意識を含む人創りを柱にしたプログラム

このように、研修や育成プログラムの内容が接客と接遇では多少異なります。

接遇」はあらゆる人への「もてなしの心と態度、言葉づかい」を意味し、
人として生きて行く上で、大切な触合う人々とのコミュニケーションに無くてはならないこととも言えるのです。

触合う相手の心に響き、誠実さや感謝を表現し、伝達する「おもてなし」の接客、接遇をす
るには接客、接遇「マナー」=「思いやりの形」を身に着けることが求められるのです。

おもてなし」は全ての接客、接遇に共通している相手を
思いやりの心」、「一期一会の心」と言動・態度を表す言葉です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2248-05d94c84
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック