接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「心の礎」を創る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

顧客、会社から信頼される人と成る

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

※来たる10月1日に、或る集まりで講話をさせて頂く概要です。

技を生かす

〇信頼と人間力認める

1. 挨拶とレスポンスの【当たり前】

2. 総ては「認める活動」から

3. 「自分の発した言葉に責任を持つ」

4. 「ひと言」の重さを自覚する

5. スキルテクニック


  基本は、マインド☞スキルテクニックの順です。

 仕事や人間関係で様々な形や所作と言われるテクニックが優先されている現代社会ですが、
 それを支えるスキルやマインドが欠ければ「人形作って魂入れず」になってしまいます。
 このことは、人との関わりを始め、仕事上やスポーツで結果や成果を出すためも大切です。

⦿マインド(心)は、その人の気持ち、目的や目標に向い取組む姿勢、魂、志、人柄。

⦿テクニックは、技・手段・技法・作法・形。

⦿スキルは、上記テクニックを用い様々な場面で其の場に合わせ実行する時に必要な能力。

 例えば「伝達力」というスキルを身につけるために、下記のようなテクニックがあります。
 ・会話する時の、聞くや話をする際の様々なテクニック
 ・報・連・相のテクニック
 ・文書やメールを使う際の知識&テクニック
 ・妥協点を見つけるテクニック
 ・洞察するために必要なテクニック
 これらのテクニックを、相手やТPОに合わせて使い分け、
 それを相手に伝達出来てこそ、「スキル」になるということです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2270-58fc53f8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック