#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 礼&挨拶

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

礼儀礼節挨拶

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

礼儀・礼節&挨拶

今の日本は、即効性と利便性の時代が終り、
作法やマニュアルなどの定型で表現できない感動と
互いの絆を確かめるための心と心の繋がりと
個々人の精神的満足感を味わう社会となりました。

現代は変化が激しく予測が困難な時代、
価値観が多様化している社会と言われますが、
心の礎」となることはいつの世も変わりませんし、必要不可欠です。

それを支える土台は人としての『品性』
即ち、他人に不安・不快を与えない礼儀礼節の作法です。

品性の基本は家庭・学校で育まれるものですが、
家庭・学校に求めることは非常に難しい時代です。

日々の仕事の中で一から叩きこまなければなりません。
大人と子供の違いは、
「礼」が何たるかを知り、身に着けているか、否かです。

この「礼節」を弁え、それを「礼儀」として表してこそ、
初めて一人前の社会人と言えます。

社会人として活動する会社や組織の資産は、
ひとり一人の社員の人間力です。

仕事のノウハウを得ること以上に重要なのは、
礼儀礼節と『人柄』、そして「人間力の礎」です。
会社や組織の看板を背負う社員の礼儀礼節は、会社の品格を表します。

さて、「礼儀と礼節」この違いって何でしょうか?

国語辞典には、以下のように記してありました。
礼儀」とは、尽くすべき敬意表現と超えてはならない言動の壁
礼節」とは、その社会の秩序を守るための礼儀作法や節度のある行動の仕方

私見ながら、
礼儀は、
作法の意味と近いテクニック、生き方
礼節は、
所作の意味と近いスキル、生きる道≒在り方であると考えられます。

人として大切な節度あるの行動は、
相手の心の位置=感情を理解認識しないと出来ません。

また、礼儀作法を現す「しぐさ」には、「仕草」と「思草」があります。
「草」という意味には、行動という意味があり、

仕草」は、
比較的感情に左右され難い行動の仕方、即ちテクニックやスキルに近く

思草」は、
感情に関係し、相手を思いやる心を以って行動することを言います。

自らを謙遜し、相手を敬い尊び、己の行いを丁寧にすることを「」と言います。
この「」を其の場、其の時に即して、
状況に応じて(Т.P.Оに)自らの行動が出来るように、
弁える事が「」と言います。

「人の礼法あるは、水の堤防あるが如し。
 水に堤防あれば氾濫の害なく、
 人に礼法あれば悪事生ぜず。」 貝原益軒

この文言の如く、礼儀・礼節は、出来て0点、出来なければマイナス
それは、人間関係のディフェンスの役割を果たします。
これがないと、他人から、あらぬ誤解や攻撃を受ける元になってしまいます。

この「」を表すお辞儀は、
自分が相手に敬意を表すると同時に、
相手を通じて自分が自分に対して
敬意を表すと言う原義があります。
このことも 社会人の知識として弁えて置くことも大切です。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2279-3886a666
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック