接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  不の熟語=対人関係・接客上

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

」を用いた言葉と活用例 (抜粋) 

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

不2青

言葉は、話す相手へ「思い遣り」の心を表わし、伝える役目を果たします。
以下のネガティブな「」の言葉ですが、
使い方次第でポジティブなイメージを与えられます。
中でも、苦情やクレーム処理の際には、
言葉使いや態度に誠実さを心掛け、相手を立て、
相手の気持ちが静まるようにゆっくり目に、
心を込めて言葉を話すようにすることが大切です。


1. 行届き:
行届きな点はどうかお許しくださいませ」
行届きが御座いまして、誠に申し訳御座いませんでした」
「今後不行届きのないように従業員一同、心いたしますので、何卒お許し下さいませ」

2. 不手際: 
「不手際がある」「不手際をお詫び致します」「不手際な応対」

3. 不作法:
「不作法な振る舞い」「不作法を詫(わ)びる」「礼儀(礼節)を弁えぬ不作法な振る舞い」

4. 不躾(ブシツケ):
「不躾な態度」「不躾な質問なお願いですが」
5. 不適切:
「不適切な発言」「不適切な表現」「不適切にも程がある」

6. 不心得:
「不心得な言動」「不心得を叱る」「不心得なこと」

7. 不徳:
「これもすべて私どもの不徳の致すところでございます」

8. 不肖:
「不肖ながら誠心誠意努力いたします」=未熟ながら力一杯やる覚悟です

9. 不注意:「
不注意からクレームが起きた」「不注意な一言がお客様の心を傷つけた」

10. 不都合:
「不都合なことをしでかす」 「不都合な場合」 「不都合な振る舞い」

11. 不本意:
「けがの多い不本意な年」「不本意ながら承知・同意する」「不本意な結果に終わる」

12. 不謹慎:
「不謹慎な態度」「不謹慎な発言」「不謹慎な行動」 「不謹慎をとがめる」

13. 不愉快:
「不愉快になる」「不愉快な思いをいたさせまして誠に申しわけございません」

14. 不快:
「不快を覚える」「不快な気分」「不快感な思いをする」

15. 不如意:
「手元不如意な生活」「不如意な結果」

16. 不明瞭:
「不明瞭な態度」「発音が不明瞭」 「不明瞭な会計」「不明瞭なメニュー」

17. 不安:
「不安を抱かれるような応対を致しまして申し訳ございません」

18. 不公平:
「不公平な処置」「不公平感を与える」「不公平な応対」

19. 不慣れな:
「不慣れな手つき」「不慣れな仕事」

20. 不利:
「不利な取引」「不利な立場」

21. 不真面目:
「不真面な態度」「不真面目を装う」

22. 不恰好:
「不恰好な制服」「不恰好な姿」

23. 不向き:
「不向きな部屋」「不向きな仕事」「向き不向きがある」「商売には不向きな性格」

24. 不足:
「不足な顔をする」「まだ不足を言う」「円不足する」「人手不足な時は連絡して下さい」

25. 不利益:
「不利益を被る」「当方に不利益な処置

以上、おもてなしや会社で使われる主な「」の言葉と使用例です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2283-4c95b4b0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック