接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  スキルや技を生かす「理」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

道理・義理の「理」の字源を知る

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

理は
                              
“理無く、理過ぐことなく、理迫る、理は良知なり” (出典不詳)
(訳)
道理に合わないことなく、当たり前の程度を越えず、道理を尽くす
その理を作り出す根源は人としての良知である。

※理の文字の成立ちは、 里は「田+土」からなり、筋目をつけた土地。
 「理」は「玉+里」で、宝石の表面にすけて見える筋目。

◍理無し
1. 理由がない。筋道が立たない。
2. 道理に合わない。道義を弁えない。

◍理過ぐ
1.当たり前の道理や程度を越える。
2.常識を越える。

◍理迫めて
1. 道理を尽くして。
2.道理がきわまって。もっともなこと。

◍理過ぎて  
あたりまえの程度を越えて。極端に。

※【理】の語彙1.(辞書検索)

1) 宝石の模様の筋目。
2) ことわり。物事の筋道。
  (条理とか、道理、義理)
3) ことわり。筋目をたてる考え。理屈。
  (理屈、理論、理想)
4) きめ。動植物の表面にあるきちんと整った筋目。
  木の木目など。(肌理=キリ。肌のキメ)
5) おさめる。きちんと筋道をたてる。
  筋を通して整える。(整理、理髪)
6) おさめる。訴訟をきいて筋道をただし、
  よしあしを整理する。
7) とりあげて処理する。
8) 筋がたって整っているさま。
9) 自然の法則を求める科学。(理科)

【理】の語彙2.こと‐わり《「断り」と同語源》
1 物事の筋道。条理。道理。
「彼の言葉は理にかなっている」
「盛者必衰の理」
2 わけ。理由。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2289-dd6fc86b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック