#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) ホスピタリティと日本独自の「おもてなし」と「サービス」の違い

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

ホスピタリティと日本の「おもてなし」&サービスの特質

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

和洋のもてなし立場

おもてなしの原義

おもてなし」を漢字で書くと【お持て成し】、【御持て成し】と書きます。
おもてなし」という言葉は、
動詞『もてなす』の連用形名詞『もてなし』に
美化語(丁寧語)の接頭辞『お』が付いたものです。
現在の意味は「お客様を歓待すること。お客様の世話をすること。」
などを意味します。

ホスピタリティの「おもてなし」と語彙

ホスピタリティ」には、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味があります。
特にサービス業や人に関わる企業でよく使われている言葉です。
態度や行動で示す「マナーの所作」とは、相手に不快感を与えないための最低限のルールです。
そこに「心」が加わると、ホスピタリティになるのです。
それは、相手の心に深い心地良さが加わることで、感動、信頼や信用、安心感が生まれます。

一方、ホスピタリティの語源は、ラテン語のHospice(客人等の保護)です。
それが英語のHospital(病院)Hospice(ホスピス)と色々な言葉に発展したのです。
これらは対価を求めているのではなく、おもてなしや喜びを与えることに
重きをおいている点が大きくサービスと異なります。

ホスピタリティに重視されるのは、
対価や報酬などの見返りを求める行動でなく、人間性やアイデンティテーなどです。
このホスピタリティは、遠くから来た旅人を身分の上下なく温かく迎え入れることを表わすことで、
日本のおもてなしの起源と類似しております。 

では、日本とホスピタリティの「おもてなし」との違いは、どう言ったことなのでしょうか?
以下、大切だと思われる点を箇条書きにしてみました。


⦿日本のおもてなし

客の心になりて亭主せよ。亭主の心になりて客いたせ。】井口海仙『茶道名言集』より

◎もてなす側は
 ・客人に対し「裏表」のない心で

=主客一体⇔客人と対等⇔心を一つに共感⇔互いを思いやる心
  (➜心の位置→互いの立場や心を理解する)
=直き心⇔客人を素直に受け入れる
=四季折々に合わせてもてなす
=主客共にもてなしを楽しむ
=マニュアルは存在しない(個々人のもてなしに関した)

=しつらえ→事前の情報収集
=個々の個性と感性⇔今の個の時代に適合する
=自ら考えて配慮、行動
=奥ゆかしく控えめな態度
=もてなすモノやコトの様々なうんちくを提供(蓄えた深い学問やモノの知識)

=自然を重視→何気ない自然な姿⇔侘び寂び
=目に見えない気配り・心配り・手配りの仕草と心構え
=臨機応変な所作
=不完全美の追求
=基礎の作法、心得を重視

=客人への礼節を弁える
=様々な日本文化を織り込みもてなす
=一期一会の心
=和敬清寂の心
=日本文化の知識と認識

○もてなされる客人は

=もてなす側への配慮(主人)
=主人への礼と感謝
=作法を弁えて
=相客に心する⇔周りの人に対する敬意を払う
=直き心⇔もてなしを素直に受け入れる

=主人に対する感謝と慎みを忘れない
=訪問の予告などにより、迎える側に要らぬ気使いをさせないように心配りする
=一期一会の心
=和敬清寂の心を味わい
=風情を味わいながら
・・・・・など。 


⦿ホスピタリティのおもてなし

=歓待する心で
=お世話する優しい心で
=相手の気持ちに寄添って
=思いやる心を以って
=あくまでもお客様と一線を置く
=臨機応変な所作
=一定の決りの下で行う(マニュアル有)
=自然発生的な応対
=お客様の喜びと感動を最優先する
=顧客の来店目的の掌握
=個人的個性が必要
=チップや見返りを求めない奉仕の心で
・・・・・など。 


⦿サービス

=サービスの語源「servitus=奴隷」の自覚/主従関係の発生
=「お客様は神様」の心構え
=何事もお客様中心に活動する
=マニュアルの下一定のルールに従う
=個性的なサービスでなく統一されたサービス
=忍耐と寛容さが求められる
=形やルールを重んじる
=チームワーク重視
=チームとしての個性が必要
=個人的個性を重視しない
・・・・・など。 

サービス・おもてなし・日本のおもてなし横1

    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2311-5144668d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック