#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしの心の表現、伝達【会話力】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなしの心を伝える会話力

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなしの会話主客A

文字の組立を知り「おもてなし」の心を表現し、伝達する

素晴しく、素敵な「おもてなしの心」をどんなに持っていても、
お客様や患者さん、相手の心に通じ、伝わらなければ何にもなりません。
先ず、おもてなしの伝達のために知っておかなければならない「あらわす」の語句があります。
おもてなしの場で必要とされる「あらわす」は【現す/表す/顕す/著す】の文字があります。

[現す]≒人現力とも言えます。
=今まで見えなかったものを外に出して見えるようにする。
=実態を明らかにする。目に見えるものとする。
=持っている力をはっきり表に出す。

[表す]
=心に思っていること、考えていることなどを、表情・言葉・態度、絵などで示す。
=ある特定の意味を伝え示す。表現する。意味する。
=隠されている思想・意識や才能・資質を表に出す。≒頭角を表す

[顕す]
=何かの形で、善行や行い、思想などを広く世間に知らせる。

[著す]
=執筆する。書物や文章・文に書いて残す(示す)。

おもてなしの心を表し、伝え、告知などする際に、この語句を意識し、
その場や用途に合わせた心の表現や伝達の手段として用います。

次に、「おもてなしの心」を言葉で相手に伝える手段として、声で表現する会話があります。
会話する際の声と口調である声の表情はとても大切です。
声で伝える手段は、「喋る」と「言う」「話す」がありますが、おもてなしをする接客・接遇の場では
「言う」「話す」が常用されています。
おもてなしの接客・接遇の際に、感謝の心を込めて『ありがとうございました(ございます)』
と「言う」言われますが、【喋る】とは言いません。

何故【喋る】を使わず、「言う」や「話す」の語句を使うのか、考えてみたことはありますか? 

そこで、『言葉』の文字の構成から考えてみることにします。
「言葉」は「言の葉」とも表現されます。
この語句は「言」は心と口で組立てられています。
『葉』は日本語という木に繁る葉を指し、時と共に枯れて消え行く『葉』=言葉、
また時代と共に新しく生まれる『葉』=言葉もあると考えられます。

人の心に生まれる愛、思い遣り、感謝など様々な心を口から伝えるために、『言』の文字があり、
「言偏」の付く文字には心が含まれていると解釈出来ます。
生活して行く上で、言葉は互いに認め合い、思い遣る手段の一つとして欠かせないものです。
『語』は、前記の「言」と「吾」で構成されています。よっての「吾の心」を口から伝える時に用います。

一方【喋る】の文字には、「心」の文字が見当たりません。
お喋りをする時には心が存在を要しないと解釈します。
接客用語と言われている、おもてなしの「こころ」を伝える言葉の大切さ、
言葉の持つ意味や重さを改めて認識することが
「心を通わすおもてなし」に大切であり、意識するべきことなのです。
以上のように、おもてなしの際に、夫々の文字の組立(構成)を認識しておくことが肝要です。
以下、おもてなしの心を伝える際の会話の留意点を記します。


おもてなしの心を伝える会話の【ポイント】 

1.「話」の字構成「心」「口」「舌」を常に念頭に話すこと、それはあなたの心を伝え、表すことです。
2.言葉の語彙や内容をよく考えた上で、一言一句を話すことです。
3.話す相手に答えを強要する話し方は、相手の心の窓を閉ざしてしまいます。

4.感動や感謝といった離す相手からの見返りを心に抱きながらの会話や接客応対は避けます。
5.はい、失礼します、恐れ入りますなどの、ひと言の重みを意識して話しましょう。
6.「。」「、」句読点の間を意識して会話することも大切なことです。

7.発声、発音を正しくする。
 ・口ごもった発音は聞きづらいだけでなく、自信なさそうにも聞こえます
 ・口をハッキリ開けて正確な発音をします
 ・腹式発声で話をします
 ・歯切れよく、明瞭に発音する
 ・あごを十分に開いて発声する  
8.時、場所、目的(T.P.O.)に合わせた声量で話す。
  その場に合った声になるよう、ボリュームを調整します
9.内容によって会話に合わせたスピードを身に付ける。

10.相手の年齢、性別、資質、地位、キャリアなど相手にマッチした言葉を使って話す。
11.時、場所、目的に合った口調を身に付ける
  (口調=優しく・力強く・語りかけるように・諭すように・穏やかに・抑揚etc.)
   ※あなたは、日常の会話、おもてなしに何通りの口調で会話出来ますか?
12.言葉はイントネーションによって、相手を不愉快にさせてしまうことがあります。。
   どんな簡単な言葉でも、語尾の変化やイントネーションに十分気をつけましょう→表情のある声

13.言葉を生かす話し方→明るい口調で→判り易く→肯定的に→正しい言葉を選ぶ
14.言葉の使い方
   会話やコミュニケーションは、「言葉」という手段なしでは、得ることはできません。
   言葉づかいや、話し方が正しくないと、伝えたい事も伝わりません。
15.会話内容によっては、自信と信念を持って誠実に話す。

16.内容を、その時の閃きやその場の思いつきで組み立てることは避け、考えて組立てる。
17.目的をまとめて置き、先ず伝える。
18.適切な敬語を使い分ける。
   相手の立場を認め、敬意の表現として使うことにより、
   スムーズな潤いのある人間関係を保つたために欠かせない言葉、それが敬語なのです

自然でさり気なく、相手に決して見返りを求めない、
心の篭った思いやり会話、おもてなしの会話は相手の心に響き、
魂を揺るがし、感動を与え、心温かな余韻を残します


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2313-f1d70244
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック