接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  お水のおもてなし(2)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

高級クラブの「おもてなし」 (2) サービススタッフ編

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

クラブスタッフ

おもてなしの場をさり気なく目立たぬよう引き立てるのがサービススタッフの役目です。
おもてなしには無くてはならない大切な役割を担います。
最近は女性のサービススタッフも増えているようです。
男女の区別なく心得て置きましょう。


[サービススタッフの心得]

1. おもてなしの場であるが、お客様やホステスのサービス役(奴隷)と意識する。
2. 大切なお客様は勿論、仲間同士でも思い遣る心で勤務する。
3. ホステスを引き立てる黒子としての役割の自覚とマナーを以って接客する。
(奴隷と黒子は異なる認識・男性スタッフとして、ホステスのわき役、サポートに徹する。)
4. 客席ばかりでなく店舗周辺では、感情の自制に徹する。
5. 店内の5S(整理・整頓・清潔・清掃・習慣)は勿論、美化に努める。

6. お客様へのしつらえ(準備)は、予め係のホステスと打合せしておく。
(天候別≒予測・特別なお飲物・記念日・お花・プレゼント・テーブル選択など)
7. お客様のその日の状況、気分をいち早く掴むように心掛ける。
8. お客様のお名前は必ず覚える。
9. サービス時、お客様とアイコンタクトは避ける。
10. 待機時の目付き、目の動かし方・使い方を自覚し、適切にする。

11. お客様との会話は、長引かせず最低限にする。
12. サービススタッフとして「理の空間」の自覚をして接客する。
13. 客席では、総てホステスの指示に従い行動する。
14. お客様に背中を見せないよう接客、勤務する。
15. 客席での状況の変化に合わせた姿勢態度をする。

16. 身嗜みは、品格を現すように心掛ける。
17. 自分の臭いが無いように仕事に入る前に、点検確認する。
18. 勤務エリアでは、お店の看板を背負っていることを自覚し行動する。
19. 混雑時手も平静な態度で勤務する。
20. テーブル上への目配りを徹底する。(お世話やサポートは目立たず、さり気なく)

21. 勤務時仲間への挨拶は、節度を弁え、心を込めてする。
22. 適時適切な黙礼・目礼が出来るよう意識する。
23. 目配りのし易いポジショニングで待機する。
24. 目立たぬ姿勢に徹する。(背筋を伸ばす)
25. テーブル上を始め店内の清潔維持を徹底する。

26. 控えめで活気のある態度、接客をする。
27. 柔和・和顔の表情で接客、勤務する。
28. 報告・連絡は決して怠らない。
29. 常にお客様に見られている意識で接客、勤務する。
30. 接客に必要とされる情報収集は怠りなくする。
31. 身体の陰と陽を弁えて接客する。
・・・など。


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2319-94dd9d0a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック