#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 接客「ルール」と「マナー」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなしの心を表す「マナー」と「ルール

お薦め度【★★★★】全業種、業態用



接客ルール」と[接客マナー] の違いに気付く!

接客に限らず「ルール」は、定められた規律(規則)をどのような場面でも文面どおりに適用されるのに対し
マナー」は、その人の思いやる心が現れ、その時の相手やシチュエーションによって変ります。
即ち、ルールは、「マニュアル」で、マナーは「ガイドブック(テキスト)」とも言えます。


★あなたはルール接客していますか?

☆あなたはマナー接客していますか?

接客に関わらず、先ず仕事をする時に、必ず教えられるのが仕事の[ルール]です。

おもてなしや接客の場合は、お客様に接する際のルールとして、

・お辞儀の[ルール] 

・挨拶の[ルール]   

・笑顔の[ルール] 

・接客用語(言葉遣い)の[ルール] 

・姿勢、歩行の[ルール] ・・・等々が最初に教わることです。

例えば、感謝の心の感じられない形ばかりのお辞儀、わざとらしい作った笑顔です。
形だけのお辞儀とか笑顔は、接客の基本として「しなくてはいけない」と理にやらされているものと言えます。

この様な「しなくてはいけない接客ルール」は、即ちお客様中心に接する応対ではなく、
こちら(接客するスタッフ)がしなくてはならないからする対応と言えます。

無理して作ったり、わざとらしい形だけでは、心が感じられませんから必ず崩れます。
それとは逆に応対=思い遣りは「お客様の立場」で自分がお辞儀や笑顔の大切さに気付き、
心に感じたもの [思い遣り] =マナー心の中からに身に着くのです。
そしてそれは、決して崩れることはありません。

「ルール」は形や所作、作法を身に着ける為の第一歩で、基本と言えます。
この「ルール」を守る事は勿論大切なことです。

接客におけるルールは、スポーツに例えれば基礎体力作りと同じです。

無くてはならないものですが、それだけでは心の篭った「おもてなし」は出来ないのです。

ある程度ルールの「形」をマスター出来るようになったベテランでも
相変わらずルール=形ばかりの接客している方々が多いように見受けます。

何故でしょうか

しなきゃいけないからする

「ルール」の源、即ち何故しなくてはいけないかを知らないが為に、
ただ守っていれば良いと勘違いしている場合が多いからではないでしょうか。

マナー(思い遣りの形)は人間が気持ち良く生活して行くための知恵と言えますし、
個人が自発的(自主的)に守り行うものです。

突き詰めて言えば接客マナーは思い遣りを持って相手を「気遣う」気持ちの現れなのです。

マナーを身に着けて、初めて「おもてなし」や「感動」の[接客サービス]が出来るのです。

このように〈接客ルール〉と《接客マナー
》違いを確り認識しておく必要があるのです。

自分の《最も大切な人に接する気持ちでお客様に応対する》ことがマナーです。

全ての【マナー】大切な相手《思い遣る心》を表す《形》であると認識することです。

接客の「ルール」習得⇒ [マナー] 修得⇒ おもてなしの接客】



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2328-0307492e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック