#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の礎を築く!

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

見直そう!当たり前とされる「心の礎

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の礎ロゴs

ビジネスでも日々生きる上でも、瞬時に出会った人物を見極め、
思考、行動しなくてはならない場合に度々遭遇します。
また、仲間同士や恋愛などのように長い時間をかけて人を見極め、
この人と付き合っても良いか、否かを判断し、活動することもあります。

最近では、心理学や人間学の様々な本やセミナーが注目を浴びています。
人の心に目を向ける素晴らしいことです。

しかし、そう言ったものはあくまでスキルであり、
意思を明確にし、人としての道理を弁える、筋を通す、
自分の発した言葉に責任を持つと言った
人としての「心の礎」となることが確りしていなくては役に立ちません。

人は豊かで幸せな人生を歩むために、
日々の様々な心を持った人との出逢いや触れ合いに於いて、
人を見極める「心の礎」と言える、
次のような正しい判断基準を備えることが求められます。

*自分をひとりの人として認めてくれる人か、否か?

*言行一致している人か、口先だけの人か?

*信用・信頼出来る人か、出来ない人か?

*人の身になって考えてくれる思いやりの心の有る人か、無い人か?

*嘘偽りのない正直で、誠実な人か、否か?

*何事も受容出来る、謙虚な人か、否か?

*何事にも感謝の心が表わし伝えられる人か、否か?

*感情に左右される人か、否か?

*平等で公平な心の持ち主か、否か?

*愛他の心を備えた利他の心を持っている人か、否か?

*確りした志や自分を持っている人か、否か?

*忍耐強く、寛容の心がある人か、否か? 
 

  ・・・・・・・・・など。

このようなことを物事や人を正しく判断する基準である
確りとした「心の礎」を備え持つことは
現在のような溢れるばかりの情報社会で生活し生き、
心豊かで幸せな人生を歩む上で必要です。

その為に、人としての心の礎が何かを学び知り、
その知識と心を礎として備え、自分を生かすスキルとして備え持つことです。

それによって、古からの様々な賢人や偉人の本やセミナーなどの
学びの場で知り得たことを確りと心に落とし込めるようにもなります。

そして、この知識により得られた判断の下に、
幸せに生きて行く為の多種多様の心の知識や心理学、
人関係スキルを学ぶことは、大切なお金や時間の浪費を少なくします。

皆さんは、このような心の判断基準を、
溢れるばかりの様々な情報が飛び交う現代社会で
どのようにして身に着けられますか?


私見ですが、その手始めは、
心の礎の要素とされる「思い遣り」「認める」「感謝」「誠実」「立場転換」など
と言ったことの語彙を心の知識として確り身に着けることだと思います。
それはスポーツであれば、基礎体力と言われることや基本を繰り返し修めることです


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2347-b54546e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック