#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしの礎【思いやり】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

日本独自の文化おもてなし「もの」と「こと」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

客人もてなし1

日本の文化おもてなしには、「もの」と「こと」があります。
この「もの」と「こと」について、色々な角度から考えてみます。
現在の日本社会は、物事を客観性即ち外見や形を重視する「もの」の時代から、
主観である「こと」である人の心(思い・意識)を重んじる時代へ移りつつあると考えています。

、つい最近まで「ものづくり」とG.D.P.が世界一だった日本は、
中国や韓国などに追い越されてしまいました。
「ものづくり」に集中し、性能や特性の優れた製品を生産し、
その「もの」により、顧客満足を図っていた時代は終わり、
近年は、その「もの」を使い、どのような「こと」が得られ、
出来るのかといったことを重視するようになってきていると思われます。

その「もの」に囲まれて来た現在の日本は、豊かな情報社会となると共に、
物質的にも精神的にも大量の「もの」が溢れる社会環境となり、
夫々の「もの」を見る目(意識)が大きく変化して来ていると思います。

その結果、人物を観る目(眼力)乏しくなり、結果や成果・実績や資格などで人物を判断するようになり、
自分の眼でその「人物」或は「モノの本質」をよく見極めないで、
外面やスキル、他者の思惑を重く見る体質(思考)が生まれているではないでしょうか。

このような中、最近の日本人の考え方や行動は、多くの満ち溢れた「もの」の中から、
自分で選択した好きな「もの」を使い、どのような「こと」が出来るのかを重視して思考し、
様々な行動をするように変化して来ていると思います。

物質や物事(現象)を客観的に「もの」とし捉え、考えて行動することは欧米的な思考であり、
それと逆に主観的な「こと」中心に思考するのは、日本人的な考え方の源と言われています。

第二次大戦後日本は、本来日本人の持つ思考特性である「こと」に対する意識が薄れ、
大戦からの復興のため「ものづくり」に大きな力を注がざるを得ませんでした。

日本文化おもてなしは、どちらかと言う「こと」=心の修得が大切にされ、奥が深いとされています。
そもそも日本人は主観的な思考をする特質があるにも関わらず、
最近に至る迄欧米的な客観性を重んじる「もの」中心に思考して来たのではないでしょうか。

私見ですが、その結果この「もの」と「こと」のバランスの崩れが、
日本社会の様々な歪や悲しい事件の多発などに繋がったのではないか考えます。

現在の日本は、日本人本来の持つ「おもてなしの心」や何気ない気遣いと言った
素晴らしい独自の体質があるにも関わらず、外見 (他者の思惑) や外面(ソトヅラ)を
極度に重視し、態度や行動をマニュアルに依存する傾向が多々見られます。

人の外見や姿形は、「心」があってこそ生かされることを、身を以って体験してきた故に、
姿形や他者の思惑ばかりを大事にしている状態を見る度に、
「日本人は、このままで良いのかなぁ」と危惧し、危機感を抱きます。

現在の日本の社会は、学歴やI.Qを重視し、極端に人の思惑や周囲の目を気にし過ぎるばかりに、
自らの意思決定が上手く出来なかったり、形や表面だけの人付き合いのテクニックを身に着けたり、
第一印象ばかりを重用視したりする、「もの」に目を向けざるを得ない環境になっていると考えます。

その結果として、就業しても離職率が高まってしまうことになったり、
個々人のブランド意識が強くなったり、結婚出来ない若者が増えたり、
離婚率が高まってしまうことになっていると思われます。
主観的な“こと”である自らの「心」を豊かに育むことよりも、外見や他者の思惑、社会的な評価と
言った客観的な事象に目を奪われていると思えてなりません。

私達の住む日本は格差社会になってしまい、今後の震災復興、世界的な経済危機、
少子高齢化社会、2050年問題などの厳しい社会環境を乗り切らなければなりません。
その為に、何事にも立ち向かえる情熱とそれを乗り切れる≪強靭な心の体力≫を
私達日本人一人ひとりが身に付ける必要があるのではないでしょうか。
では、その≪強靭な心の体力≫を身に着ける為にどうしたら良いかを考えてみることにします。

今の日本では、あちこちで必ず見られる「もの」を売る為の新聞や雑誌・看板などや
テレビ・ネットと言った処でも溢れるばかりの様々な情報があります。
その豊か過ぎる情報に踊らされ、自らの意志決定が出来なかったり、
物事の本質を見失ったりしてしまう事例も多々あるように思えます。

人間は学び、成長することで自らの「将来の経験」を大きく変化させることが出来ます。
何かを学ぼうとしたり、成長したりする為やいざ身に着けようとしても、

社会全体に知的情報や様々な文献や講座(セミナー)と言ったことについても数多くあり過ぎて、
どれを選べば良いのか選択に戸惑ってしまいます。

最近の日本社会においては、既成事実として個々人の安心安全意識が高まり、
感動させる手法、形だけのコミュニケーション手法、一過性のスキルの修得や姿形の学びなどが、
人々にもてはやされる時代環境になりつつあると思われます。

しかし、行動や態度の源である人の心を育てずして一体何が出来るのでしょうか?

第二次大戦後私達は、「もの作り」に専念し、その「もの」を買うことに付き合わされてきました。
一例をあげれば、
今あなたがお使いの携帯はスペック的に不足していますから新しいこのモデルを買いませんか?
ソフトがバージョンアップし、便利な機能が追加されていますからこちらの携帯を買いませんか?
このような「もの」を買うという行為は、基本的に自分しか幸せにしません。

「もの」を買う時は買う決断をする迄期間と買物を瞬間は凄く楽しいけれど、
その後の楽しい時間は意外と継続しないものです。
と同時に、その買物をした時が自分にとって一番価値がありますが、
時間が経過すると共にその価値は減少する傾向があります。

では、「もの」を買う代わりに一体何をどうすれば心豊かになれ、幸せになれるでしょうか?

その答えは、 “ことを創る”即ち『心を育む』ことにあるのではないかと、私は考えます。
ユーザー(顧客)が評価するのは「ものやサービスではなく自らの生活や経験が「変わる」ことです。

ただ「もの」を提供するだけではなく、これまで自分が予測やイメージ出来なかった(想定外)の
未経験の「こと」を提供することではないかと思います。

前記した携帯を例にとれば、その携帯を使うことによって新たな体験や学びが得られることです。
その携帯を使って友人や大切な人と過ごす時間を共、有出来るようになるということです。

また、大切な人と共に過ごす時間を大切にすること、或は、「自分の為より周りの人の為に」
と言った心で他者に接すること、自らの好きなことについて掘り下げることすれば良いと考えます。

結論を言えば、自らの“ことを創る”即ち『心を育む』と言うことは、
々触合う周りの人々や他者への【思いやりの心】を育てると言うことです。

『日本のおもてなし』は、世界に誇れる独自の文化です。
今こそ、この世界に類のない「おもてなしの文化」をパワーアップする時ではないでしょうか。
そのおもてなしのであり、根底を流れているのは【思い遣りの心】です。
これからの厳しい社会環境では、今迄とは逆に、具体的な思い遣りの行動や言葉の実体験から
「マナーとは何なのか」を学び得ることを是非お勧めします。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2349-ce531809
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック