#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 紳士力ともてなす心

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

社会人の紳士力

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

紳士・思いを遣わす


年末年始は大切な人や友人などと触合う機会が多くあります。
そういった時に、さり気ない「もてなしの心」や「紳士力」が生かされ、相手に素敵な印象を与えます。
英国を始めヨーロッパでは、古くから人を評価する際“資産”よりも“教養”に重きを置くと言われ、
その心は日本のおもてなしと共通する部分があります。
そして、その“教養”が表れるのが「紳士力」≒“マナー”とも言え、
共に相手を思いやる活動であり、おもてなしや武士道を大切にする私達日本人も、
歴史ある英国の「紳士道」から学ぶことがあります。

ビジネスでもプライベートでも、この「紳士力」から学べることはあります。
例えば、親しい相手、仕事関係の人、見知らぬ他人でも、
さらっとさりげなく紳士的振る舞いをする人と出会うと、
そのさりげなさの中で相手(女性)を大切にする姿勢に感動します。
老人や身体の不自由な人の重い荷物をさっと持ってくれる、
さり気なく座席を替わる女性が先に入れるように扉を持つなど
という身振りは見ていて気持ちの良いものです。
紳士的な振る舞いは、男性としての品格ばかりか人間力も上げてくれる大切なものです。
世知が無くスピーディな時代です、利己的な「何事も我先に」という方も時々見受けます。
「アフターユー」は、あなたの後でいいですよ「お先にどうぞ」、という譲り合いの心です。

〇紳士力の例

【1】シンプルで力強いアフターユーの精神≒敬意

① 誰に対しても「お先にどうぞ」の心で接する(乗り物やエレベーター・エスカレーター等)
② 電車の中では疲れていても、お年寄りや女性に席をさり気なく譲る。
 ※女性といる時なら、先に座らせます。
③ エレベーターでドアが閉まらないように手で押さえる
④ 女性(目上・年長者)が後ろにいる時は、先にドアを自然に開け、まず相手を通す。

【2】歩行時は

① 並んで歩く際、車道側を歩く
② 相手の女性(年長者)の歩くスピードに合せて歩く
③ さり気なく大きな物や重い荷物を持つ

【3】外出先で

① コート(上着)の着脱時さり気なく着脱のサポートをする
② 脱いだ上着やコートをさり気なくたたんで置き、持ち物もハンカチなどで覆う。
③ 恐怖と情の空間を上手に使い挨拶や行動する。

【4】会食の場で

① 待合せの時間、五分前に着く
② 立ち上がって迎え入れる(挨拶をする)
③ 飲食店や会合の場では、男性がハンガーにかける
 ※背広や上着を正しくたたむ(女性同伴時に限らず)
④ レストランや喫茶店では椅子ではなく、ソファー側の席を譲る

⑤ 相手が着席するまで立って待つ
 ※女性(敬意を表す相手)が部屋に入る時や、立席時は立ちましょう
⑥ 対面テーブルで奥に座らせてくれる
⑦ 着席の際、さり気なく引いたり、押したりして補助する
⑧ 立席した時、椅子は座り易く斜めに向けて置く

⑨ エアコンの風が直接当たる席や出入り口付近に通された場合などは、
  其処に自分が座る、ひざ掛け(ブランケット)を借りるなどの行動も紳士的でしょう。
 ※ブランケット=軽く羽織って傍観するアイテム」。膝掛けもブランケットの派生です。
⑩ 飲み会などで飲み物や箸、お皿を率先して皆に廻す
⑪ 女性や目上の方と食事をする際は、相手(女性)が先に一口食べる迄、待ちます。
⑫ 御馳走になった時は、支払いの際に「ご馳走になります」、
  お店を出たら「ご馳走さまでした」とお礼を言い、
  翌日も「昨日は(先日は)ご馳走様でした」とお礼を伝える。

【5】公共の場での品格

① 電車やエレベーター・エスカレーターで、
   降りる時に「失礼・すみません・通ります」とひと言つける
② 不本意で失礼なことをしてしまった場合やぶつかったら、すかさず「ご免なさい」と謝る、
③ 何かをして貰ったら相手に正対し「ありがとう」とお礼を言う。
④ 女性(目上・年長者)に何気なく手を貸す
 ※これは足元が不安定な場所や狭い所を通る時に心懸ける
⑤ 背筋を伸ばし、立ち姿・座る姿をキリッとする
⑥ 会話中は携帯電話を切るか、許可を取ってバイブレーターにして置く
 ※かかってきた電話には後で対応します。
⑦ 会話の内容に合せて座る位置を変える
※大切で真剣な話はやや前の前傾姿勢、世間話やジョークはゆったりと座り話す



以上のことは、形だけでは相手の心を動かしません。
マナーの心である「思いやる」気持ちがあってこそ生かされます。
 

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2354-602a00a8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック