FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

感謝医療従事者20200503s03
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssに打ち勝ちましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


人間力-「思いやり」「おもてなし」の活動

人間力の礎「思いやり」-(心の姿勢&プロセス)

【活動-心の取組み姿勢】
〇心の位置と応対意識

下図のような意識で取組みましょう。


応対対応おもてなし・ホスピタリティ青枠

💗「思いやり(遣り)」💗の解説

「思いやり(遣り)」は「その人の身になり考えること、察して気づかうこと」で
人を「思い遣る心」は「思い遣り」と言われます。
この思いやる心は、相手の心を自分のことのように感じる取り色々と思いを巡らし、
それを相手のために成すことであり、そのためには豊かな想像力、観察力が求められます。
思いやりは、他人の喜びや楽しさ、苦しみ、痛み・辛さ、喜怒哀楽、欲求・願望と言った
感情や心を観察察知し、それを相手に遣わす心の活動です。


🔴活動プロセス(ステップ)

思いやりの活動枠付

※上図ステップの補足

第一のステップ➜観察し、察知する
 相手の心(気持ち)と体の状態を私心の無い平らな心で観察する

第二のステップ➜想像(思考)する、予知する
 相手の心と体の状態がどんななのか、想像し、予知する。

第三のステップ➜選択す
 相手を意識(認識)し、表現伝達方法を思考し選択する。

第四のステップ➜行動する
 選択した行動をТPОに合わせ活動する。

第五のステップ➜活動を省みる
 適切な活動を振返り、場合によっては改善補足する。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback