接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  医療スタッフ 三つの「心の礎」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2017新タイトル

人の♥心♥は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
ここに載せてある人の心や人間関係について内容は,御自分に合ったことや役立つ文言を選びお読み下さい。

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s



医療(介護)スタッフ「三つの心の礎」 (≒施設全体)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心療スタッフ「三つの礎」青角横

医療介護の現場で、患者さんや地域社会から愛され、信頼される施設にするため、
従事スタッフの人間力育成に必要とされる三つの「礎」となる心の要素です。
この「三つの礎」夫々を医師・看護師(介護師)・受付(電話)・事務職・検査係・保守係のスタッフが、
各々の立場で理解、認識することはとても大切なことです。


〇思いやり (ホスピタリティ)

従事する人の患者さんへのホスピタリティの活動
患者さんへの思いやる心を表し力と活動

要素

観察察知力・心身の姿勢・会話(説得)力・共感調和力・親切さ・誠実さ・謙虚さ・丁寧さ
判断決断力・情報力・トレンド性など

[例]看護師の場合
観察察知力・心身の姿勢・会話(説得)力・共感調和力・親切さ・誠実さ・謙虚さ・丁寧さetc.

〇安心感

患者さんへ安心感を如何にして与えるために
従事する人に対し、患者さんが受け止める安心感

要素

技術力・衛生性・人間性(会話≒説明と傾聴)・理解・利便性・救急フォロー・情報提供など

[例]看護師の場合
技術力・衛生性・共感性・人間性(会話≒説明と傾聴)・利便性・救急フォローetc.

〇信頼

信頼されるスタッフ、施設になるために
患者さんが従事する人を信頼する人的スキル(能力)

要素

察知力・共感共有力・技術力・情報力・対応対処力・誠実さ・正確さ・設備活用・衛生性・公共性(救急)など

[例]看護師の場合
衛生性・対応対処力(臨機応変さ)・共感共有力・誠実さ・正確性・設備活用力・情報力etc.

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2378-d52b505b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック