接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなしの「心の礎」を築く(1)-感謝

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

感謝の語彙の認識と心得

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

2感謝横1

感謝について、以下のような知識を予め知って活動するのと
知らずに行動するのでは、感謝の伝わり方も違うと共に、自らの心も育みません。

〇語彙の自覚

1. 「御礼をしたい気持ち」を自覚していますか?
2. 「身に沁みて嬉しい」を自覚していますか?
3. 「謝意にたえない」を自覚していますか?
4. 「かたじけない(≒すまぬ)」を自覚していますか?
5. 「自分にとって好都合な状態である」を自覚していますか?

6. 「嬉しい気持ち」を自覚していますか?
7. 「尊い気持ち」を自覚していますか?
8. 「自然に伏し拝みたくなるような気持ち」を自覚していますか?
9. 「ありそうにない(殆ど例がない・滅多にない)・珍しい」を自覚していますか?
10. 「滅多にないほど優れていること」を自覚していますか?
11. 「恩返しをしたい気持ち」を自覚していますか?
12. 「お陰様で」を自覚していますか?

感謝の意識

1. 感謝は人と人の間にある溝を埋める潤滑油の働きをすると認識出来ますか?
2. その本質は【心】に存在すると認識出来ますか?
3. 感謝は人としての善徳を導く源だと認識していますか?
4. 状況や相手に合わせて適切な感謝の行動伝達が出来ますか?
5. 感謝の一言は自分を含め周りの状況を円滑にし、人間関係を構築すると認識出来ますか?

6. 感謝の原義「有り難い」を自覚していますか?
7. 感謝の言葉は、人の善、優しさ、思いやりを導く源であると認識出来ますか?
8. 感謝と謙虚さは表裏一対(一体)であると意識出来ますか?
9. 感謝を表す「形」は礼儀、節度だと意識出来ますか?
10. 感謝の意識、表現伝達の重みを自覚していますか?

11. 相手への思いやり「礼」が感謝だと認識出来ますか?
12. 人間の本質から感謝の気持ちを生むと認識出来ますか?
13. 感謝を言葉や態度、物などで積極的に表わし伝えていますか?
14. 感謝を勤労やボランティアと言う形で現していますか?
15. 感謝は、形のない態度や行動でも表現出来ると認識していますか?

16. 感謝の言葉が多いほど、人の徳や信頼が高まると認識出来ますか?
17. 感謝の表現を進んですれば如何なる状況にでも光が射して来ると認識出来ますか?
18. 感謝のある処には温かな心が存在すると認識出来ますか?
19. 感謝の温かな心が周りの良いものを引き寄せると認識出来ますか?
20. 感謝の言葉は、優しさや思い遣りなど人の善を導くと認識出来ますか?

21. 感謝の言葉は、相手ばかりか、自らの気持ちを良くさせと認識出来ますか?
22. 感謝して、怒りや憎まれる事はないと認識出来ますか?
23. 感謝することへの見返りを求めたり、望んだりしていませんか?
24. 其の場、其の時の気分や感情で、感謝の表現伝達の仕方を変えていませんか?
25. 感謝を表す言葉は伝わり方が気持ち(心)次第で変ると認識していますか?

26. 感謝の気持ち(心)は表情、声(声の表情)に出ると認識していますか?
27. その気持ちを伝える手段は、強い順から、表情.>声>言葉だと認識していますか?
28. 自ら感謝出来ない人が、一方的に他の方から感謝を受け取れないと認識出来ますか?
29. 感謝の心と行動のキャッチボールを日々忘れないように心掛けていますか?
30. 祖先に命を授かり、他者に生かされ、支えられていることに感謝していますか?
・・・など。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2384-2d894257
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック