接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  基礎から学ぶ「おもてなし」の心と技(1)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

“「おもてなし」の礎と技” を学び身に着けませんか?

2015おもてなし講座

「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
「マナーを表す形」と言われるこの心は、サービス業に限らず、人間関係の構築にも大切です。
そして、この「思いやる心」を知得することは、
あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための「礎」となると共に、
心豊かな人間性を育む「礎」にも成ります。

「おもてなし」を基礎から身に着け修得するためには、おもてなしの心、
その語彙、原義など知識や伝え表わすための所作(スキル)を修めなければなりません。

古から諺にある「人形作って魂入れず」の如く、
心とそれを表わす技(所作)が必要不可欠です。
それには、先ず関連する心と技の知識を知り得た上で、
スキル(技)である所作(作法)の原点(原義)や
その目的を学び、個々人の資質や心、環境やT.P.Oに
合わせた「おもてなし」の表現と伝達方法を学び、
身に着けて行くことが最も重要です。

その「おもてなし」に必要とされる心を学び知り、
基礎となることを確り修得することで、その人物、
様々な環境に合った様々な形の「おもてなし」が出来るようになります。
結果を出している人やプロスポーツ選手は、いつでも原点である基礎を重んじています。

「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、仕事も総ての人間関係に生かせる。」
これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。

実社会に出て40数年、社会や様々な職場で多くの人々に出会い支えられて生きてこられ
壮年までは現場の実務中心、40半ばからは「思いやり」や「利他心」などの心についての
学びと先達の知恵を学んで参りました。
そして、その出合った方々や書物から、数えきれない学びや教えを得ることが出来ました。
同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
人を大切にすること、思い遣る心の重さ、感謝の多大な影響力、と言った多くのことを、
大切な心の気付きとして頂戴致しました。

この講座は、現在に至る迄に実体験から学び修得した「おもてなし」の知恵や技、
波乱万丈の人生で知った対人関係で役立つ知恵と技に、
人生後半での様々な先人からの学びを加え、
今後の少子高齢化社会を生き抜く心の育成や人財育成に
僅かでも貢献できればと考えて、その「心と技の基礎知識」と
生かすスキル(技)」を、皆さんと共に考え、お伝えする場です。

〇「おもてなし」の心と技(1)の内容 全5回

今回(初回)内容

A.「おもてなし」の基礎 (礎)
※座学・おもてなしの基礎知識

1. 日本とホスピタリティのおもてなしの語源と特質(お世話・主客一体) (テキスト)
2. おもてなしと思いやりの関係(認める心・思いやる心) (テキスト)
3. おもてなしの心の表現(想像力・観察察知力) (テキスト)

B.プロのおもてなしの実践と実務
※ロールプレイ・ワークショップ
1. 認める活動 (お迎えからお帰り迄の活動・その空間管理)
2. 覚える活動(具体的な活動&プロはこんなことを覚える)
3. 目配り・気配り・心配り(プロの観察と推察察知力)

Cおもてなしの.振り返り・ 自己診断=テキスト&ドリル(チェックリスト)
※テキスト&下記ドリルを使用してのワークショップと振返り
1. 認める活動
2. 目配り・気配り・心配りの活動
3. 覚える活動


≪2回目以降の座学≫概要

1. 目に映る、映らないおもてなし「モノ」と「コト」
2. おもてなしマインド(ホスピタリティ・直き心)
3. おもてなしのスタート(心技体)
4. 大切な人へのおもてなし(定義)
5. おもてなしの感銘と余韻
6. おもてなしは応対と気づき
7. 高付加価値のおもてなし
8. ひとり一人の顧客に合わせた様々なお世話と応対のポイントetc.

<2回目以降の実践と実務>概要

1. おもてなしの認める活動
2. おもてなしの挨拶力
3. おもてなしの会話力(口調・傾聴)
4. おもてなしの応対力(姿勢態度)
5. 信頼されるおもてなしの活動
6. 魅力溢れる個性的なもてなしのマナー
7. おもてなし・接客接遇力診断(チェックリスト作成)
8. C.S・E.S診断(チェックリスト作成) etc.
※座学、実践・実務は、参加された皆様の御要望を取入れながら行います。

時間/13時30分~16時30分

日時/2月21日(土) 2回目以降の講座は【毎月第三土曜日】に開きます。

※御要望により、平日の【昼or夜の部19時~21時、】も開講致しますのでお知らせ下さい。

場所/喫茶室ルノアール銀座6丁目店マイスペース3号室

3回以上参加された方に、以下の原稿データを差し上げます。
・[新版]おもてなしの教科書A4.150頁程度(原稿データ)
・[新版]心の礎の手引きA5.120頁程度(原稿データ)

◆受講料(一回) :¥5,400(税込)

◇初回:教材&テキスト代¥2,160(税込)
     :各回の内容により変動¥2,160~(税込)

◆定員:8~10名様
※最低開催人数・・・3名様以上

締切2月17日(火)

※キャンセル料 
前日・2日前:受講料の50%¥2,700
当日:受講料の100%¥5,400


講座のお申込みはこちらからお願いいたします。☟

コクチーズ・講座申込み
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2401-aad20de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック