接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  まことの感謝の伝達

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

まことの心直き心で「感謝」する!

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

感謝「義」と「礼」を以って。

まことの心は、
本当のこと。嘘・偽りのないこと。誠実で偽りのない心。
素直で真面目な心真情・真実性。
直き心は、「徳」と「聴」の文字の心を表します。

口先だけで
感謝しています。」、
「ありがとうございます。」
「お陰さまです。」
「とても嬉しい。」などと言っていても、
実際の行動は、其の場凌ぎの言葉として使う、
連絡しても返事がない(mailでK.Sする)、
自分の発した言葉に責任を持たない、
自分の意思を曖昧にする、
苦言を批判と取り違える、
保身を優先する言動、
約束は相手を選ぶ、など
と言ったことを自分の感情や事情を優先し、
疎かにする人が多くなっているように感じます。

「有難い」即ち「有ることが難しい」という原義を持つ感謝の表現伝達は、
言葉で「有難い」「ありがとう」「お陰様で」と言葉で言う以外に、
利己的な感情をコントロールし、感謝の心を物や形、態度で表すこともとても大事です。

その一つは、「義」と「礼」を、心身を以って態度や活動で伝えることです。
その具体的なことは、報徳・信認認証・答える(応える)・返事する・恩に感じる(報恩)・
連絡・報告・素直・さり気ない心遣い(気配り・気遣い・心配り)・お世話・思いやり
誠実さ・優しさ・受容などと言った心身の活動に表すことです。
この様々な活動に欠かせないのが以下のことです。

道理=物事のそうあるべき道筋

筋道=物事がそうなっているわけ。事の条理。道理。物事を行うときの正しい順序。

道=人間として踏み行うべき道筋。

理=物事の筋道。条理。道理。わけ。理由


筋=自らが正しいと信じる人間の精神の指標を指す。その人の判断基準。
中でも「筋を通す」ということは、誰からも受け入れても貰えず孤立しようが
他者からどのように評価・批難されようが自らが正しいと思う、志・信念を一貫して通し抜く事です。

どんなに素晴らしいスキルやテクニックを持っていても、
この心の礎となる道理や筋道と言った「義」と「礼」が、確り身に付いていなくては、
感謝の心は上辺だ
けしか伝わりません。

突き詰めて言えば、
まことの感謝は、相手を「思いやる心」があってこそ生かされると言うことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2403-ee172f43
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック