#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人間関係力の原点「心の礎」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

当たり前の「心の礎」を見直す

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

人間関係力の原点「心の礎」

心の礎を築く!

現代社会では人間心理学や人間学の様々な本や研修セミナーなどが注目を浴びています。
このような人の心に目を向ける素晴らしいことだと思います。
しかし、そう言ったものはあくまでスキルであり、意思を明確にし、
先ず、相手を認め、人としての道理を弁える、筋を通す、
自分の発した言葉に責任を持つ、義・礼を知るなどと言った
人としての「心の礎」が確りしていなくては実社会では役に立ちません。
では、人の心を支える土台石「心の礎とは、一体どんなものなのでしょう?

」は、一般的に土台石。物事の基礎となる大切なもの。また、その人。のことを言います。
それは、思い遣りに溢れ、心の豊かな人になるため、魅力的な人間力を育む土台石です。
そしてこれは、これからの少子高齢化社会の日本の為にもなくてはならないもの大切なものです。
その「心の礎」は、日本人としての大和魂、武士道、論語の五常、道徳、モラル、
正しい判断、認める、筋を通す、感謝、受け入れる、素直、謙虚さ、立場転換、
誠実などと言った様々な土台石(要素)によって作られます。

では、そのような土台石(要素)は、どんなこと(語彙)で、どんな活動を言うのでしょうか?
その取組みをする際に心掛けることは、一度自分の持つ当たり前や常識を総て捨てることです。
ビジネスでも日々生きる上でも、瞬時に出会った人物を見極め、
行動しなくてはならない場合に度々遭遇します。
また、仲間同士や恋愛などのように長い時間をかけて人を見極め、
この人と付き合っても良いか、否かを判断し、活動することもあります。

人は豊かで幸せな人生を歩むために、
日々の様々な心を持った人との出逢いや触れ合いに於いて、
人を見極める「心の礎」と言える、次のような正しい判断基準を備えなければなりません。
また、この礎は人夫々の思考基準によって捉え方が様々ですが、万人に共通するものです。

今の情報過多の社会では、このような人間関係の礎となることを、
押しつけがましいとか、知らなくても生きて行けるから、
生き方の手法を身に着けて置けばよいとか、
人は見た目が大切だからそれを磨けば良い、
と言われる方々もおられます。

現在に至る体験で、このような「人形作って魂入れず」の意識で生きている方で、
人としての真の幸せを掴んでいる人に出合った試しがありません。

私見ですが、その手始めは、スポーツであれば、基礎体力や基本を繰り返し学び修めること、
人間として心の礎の要素とされる「思い遣り」「認める」「感謝」「誠実」「立場転換」などと
言ったことの語彙を心の知識として確り身に着けることだと思います。

そして、この知識により得られた判断の下に、幸せに生きて行くための
多種多様の知識や心理学や人間関係スキルを学ぶことは、大切なお金や時間の浪費を少なくします。

皆さんは、このような心の判断基準を、溢れるばかりの様々な情報が飛び交う現代社会で
どのようにして身に着けられますか?


一例をあげれば「感謝」、それはどんなことで、どういった気持で表わし伝えるべきことなのか?
それには、先ず、「感謝」がどんなことかを知識として確りと心に植え付けることから始めます。

この「感謝」は、一般的に相手に伝えるだけものと考えがちですが、
その気持ちだけでは心の篭った感謝は伝えることが出来ないと言うことを心に刻み込むことです。
私心のない謙虚な心で「嬉しい」「有り難い」「お陰様で」と深く念じてこそ、
自然に何気なく相手の心に通じ、心に響く感謝の伝達が出来るのです。
この感謝には、「私心無き感謝」と「見返りを望む感謝」があると考えられます。
「私心無き感謝」のひとつの例は、2011年の東日本大震災後、
今でも忘れられない被災者の方々が話していた感謝(拝謝・深謝)を表し、
伝える「お陰さまで」と「有難いです」この二つの言葉です。

被災された人々が、心の底から感謝を感じているからこそ
自然にとても重みのあるこの言葉で表現しているのだろうと感じ取りました。
人は心の底から本当に感謝を表し伝える時は、「有難いです」、
お陰さまでありがとう御座います」と自然と口に出るんだなぁと感じました。

と同時に、この言葉の重さ、大切さを改めて思い知らされました。
振返るに普段の生活やおもてなし、接客・接遇の仕事の場で耳にする「ありがとう御座います」、
のこの言葉に、こんな重さがあっただろうか、見返りを望み、
私心無く伝えていただろうかとも考えさせられました。

一方「見返りを望む感謝」は、ある意味、感謝は人を引き寄せる、
自分から感謝しない人が、一方的に他の方から感謝を受け取る事は出来ない、
と言ったことも当て嵌まると考えられます。

また、見返りを望む利己的な自分の損得、個人的な好き嫌いの感情、親交の度合い、
年齢や上下関係、社会的地位などで感謝の表現伝達の要不要を判断している人がいます。
私心無く他人に感謝することと、その人への感情や想い、損得勘定は全く別なものだと思います。
大人になって善し悪しに関わらず「見返り」と言う言葉の持つ意味を知り、
よく子供の頃に見かけた親達がお世話になった方々に忘れずに何らかのお返しをしていたことを思い出しました。

日本では、何かをして頂いたり、物品を頂いたりするなど、こちらから感謝をしなくてはならない時、
何らかり形でその心を込めたお返しをする風習(お中元・お歳暮)があります。
凡人は、他人の出来ないお世話をしたり、何らかの物などを差上げたりした時、
人は無意識の内に感謝と言う見返りを求めてしまうものです。
折角他人に親切にしたのに、何も感謝の言葉や態度を示されなければ、がっかりしてしまいます。

時に、感謝の言葉や態度が示されず、その人を許せなくて御縁が途切れてしまうこともあります。
但し、人として当然「」として為さなければならない感謝が示されない時は疎遠になっても仕方ないと思います。
我欲の一つとされる「見返り」を望み、求め期待する気持ちを持たないように心掛けることは、
実際、頭で判っていても、中々実行できないものです。

人は、えてして「自分が先に親切にしたのだ」と思うから、
その相手に感謝の見返りを期待してしまうのです。

では、どうすれば、見返りを求めずに他人に感謝することが出来るのでしょうか。
他者への感謝、愛情、善意、情けは、いつか何らかの形必ず自分に返ると体験からも思います。
相手から直に感謝されなくても、巡り巡って、他の誰かが返してくれるものです。
行為そのものが返ってくるというよりも、そういう態度や心掛けが幸せを引き寄せ呼び込むのです。

折角他人に親切やお世話をしても、感謝されなければ、やはり損だ、親切が無駄になるのは
馬鹿馬鹿しいなどと見返りを考えて尻込みしてしまうのも無理はないと思います。

しかし、自分のした親切を「感謝の見返りを求めて、親切やお世話をする」のではなく、
過去に受けた親切やお世話に恩返しをする」と考えるようすれば良いと考えます。
感謝に限らず、何事も見返りを望まず、無私の真心を込めて伝えるように心掛けたいものです。
感謝と別に、道理や筋を通す、苦難から知ること、心配や不安を与えないも「心の礎」の一つです。
このような「先心」即ち、先に日本人や人としての心の知識を知ると共に、
後技」で「語先後礼」の表すための礼の形や言葉、仕草を
身に着けることで心に通い、響く感謝の表現が出来るのです。

このようなプロセスを前記した日本人としての大和魂、武士道、道徳、感謝、認める、誠実など
夫々に当て嵌め、学び知りそれを日々積み重ねることで己の素晴らしい人間力を育むのです。
そして、確りとした「心の軸」を支える「心の礎」を作ること、言い換えれば、
個々人に合わせた魅力的な人間力を身に着けるには、
先ず、「心の軸」の土台石、即ち「」となる様々な要素を学び知り、その一つひとつ築いて行くことだと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2418-018b6afd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック