接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  思いやりは、総ての礎(原点)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

なぜ知ろうとしない心の源「思いやり

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

心の礎・源

思いやり」を知ることは、愛され信頼され安心感を与えるため、
自分自身の幸せを掴むため、様々な犯罪を未然に防ぐため、
社会で生き抜くためのモラル(道徳倫理)感を身に着けるため、
と言った社会生活で生き抜く円滑な人間関係の原点であり礎です。

しかし、情報か満ち溢れた現在社会で生活している社会人は、なぜか生きるために必須であり、
もっとも大切であるこの「思いやり」について自らが学び、修得しようとはしません。

どうして知ろうしたり、学ぼうとしたりしないのでしょうか?

今を無事に楽しく、愉快に生きられれば良いと思っているのでしょうか?

一々学ばなくても生きながら学び知ることだと勘違いしているのでしょうか?

一人一人の思考や生き方が異なるからなのでしょうか?

それとも、学び知る必要がないと考えているのでしょうか?


誰もが当たり前に知っていると勘違いしているこの「思いやり」は、
これからの少子高齢化社会に不可欠であり、
人として生きる普段の生活や社会に於いて様々な人的弊害(犯罪)を未然に防ぎ、
色んな問題を解決する元となり、笑顔で幸せを掴む礎であると思います。

そして、この思いやりの心を学び知り、備え持つことは、
コミュニケーションを始めとした人間関係力の礎であり、
源であり、マナー、おもてなし、ホスピタリティ、C.S、E.S、感謝、謙虚さ、誠実さなど
と言った心を生かし表現伝達する、人間として大切な要素であると解します。

一言でいえば、人間力の源であり、礎です。

認めるや感謝など項目によっては、間もなく始まる新人研修の中に取り入れられることをお勧め致します。
以下「思いやり」の心と体、技である人的・社会的スキルを記しました。
※この各項目のそれぞれ(特に図(1)の心)を確りと学ぶことこそ今後の社会に必要だと思います。

図(1)
思いやり心体
図(2)
思いやりk
図(3) 

思いやり2
humane-Project「礎」では、このような基礎となる思いやりを学ぶ場を設けています。
詳しくお知りになりたい方は、右カテゴリー下の問い合わせmailでお知らせください。
 


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2419-249fe882
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。