#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人事考課規定 (サンプル)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

考課規定 (サンプル)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

人事考課規定

第 1 章  総  則

(目  的)
第1条 この規程は、当社の人事考課制度に関する基本的事項を定め、従業員の職務遂行能力、
     実務態度、および実務成果についての公正な評価を行うことによって、人事管理の適正化
     および従業員の能力・資質の向上、並びに勤労意欲の高揚を図ることを目的とする。

(適用範囲)
第2条  人事考課対象者(以下「被考課者」という)は次に掲げる者を除く当社の従業員とする。
(1) 考課の対象となる勤務期間が6ヶ月に満たない者
(2) 考課期日において休職中の者
(3) 試用期間中の者
(4) 臨時に使用されている者
(5) 出向者  

第 2 章  考課の内容 

(定期考課および特別考課)   
第3条人事考課は原則として次に定めるところにより定期的に行うものとし、これを定期考課と呼ぶ。
(1) 昇給・昇格のために、等級は毎年1回、3月初旬に前年3月1日から当年2月末日までの
  期間について行う。
(2) 賞与配分のために毎年2回、6月中旬に前年12月1日から当年5月31日までの期間について
  12月中旬に当年6月1日から11月30日までの期間について行う。
2.前項の他、人事考課は会社が人事管理上特に必要があると認めるときに必要な者、
  必要な期間について行い、これを特別考課と呼ぶ。

(考課要素および考課項目)
第4条 人事考課は、被考課者ごとに、次に掲げる考課要素について行うものとし、
     考課者が実際に評価を行う。具体的な考課項目は人事考課表
(別記様式)(以下「考課表」という)に掲げる通りとする。
(1) 職務遂行能力
(2) 実務態度
(3) 実務成果
2.昇給、昇格で考課表は使い分ける。

(考課表の種類)
第5条 人事考課は、職位および職種に該当する考課表により行う。考課表の種類は次の通り。
(1) 管理職者用            
(2) 監督者・店長用
(3) 主任用 
(4) リーダー社員用
(5) 一般社員用
[別案] 各等級職用

第 3 章 考 課 の 実 施

(実施方法
第5条 人事考課の段階数は、自己評価、第一次考課および第二次考課の3段階とする。
2.自己評価は被考課者自身が、第一次考課および第二次考課は、夫々所定の考課者が、
  被考課者の考課時における能力、態度、成果について検討して考課項目毎に評価を行い、
  その結果を考課表に記入して行う。

(考 課 者)
第7条 考課者には、被考課者を指導監督する立場にある者があたる。
  (部署によってはこの限りではない) 具体的には、被考課者の区分に応じて次に定める者を
  以って考課者することを原則とする。ただし、該当者が着任後3ヶ月を経過していない者で
  あるなど、考課者として適当でないと認められる場合には、会社の指示により考課者を決定する。

(自己評価)
第8条 自己評価は、被考課者自身が所定の考課表により、考課者の評価前に行う。

(評価・考課区分)
第9条 評価・考課区分は、対象項目により次の二通りとする。
    イ.絶対考課 ロ.相対考課
2.総合評価は、評価目的により、各項のウエイト数値を加えて考課成績とする。

(考課者の遵守事項)
第10条 各考課者は、考課を行うにあたって、次に掲げる事項を遵守する。
(1)考課表に掲げられた考課対象項目についてのみ行うこと。
(2)他人の意見に捕われず、考課者自身が確認した事実基いて、又は信頼できる確実な報告のみを
 公正に、私情を挿むことなく行うこと。

(調  整)
第11条 第二次考課者は、第一次考課者が行った評価に著しい不均衡があると認められる時は、
     必要な調整を行う。
2.役員会は、第一次考課者および第二次考課者が行った評価に対し、
  各部門間に於いて著しい不均衡があると認められるときは、調整を行う。
(決  定)
第12条 役員会は、必要な調整を終えた考課表をもとに人事考課の結果(以下「考課結果」という)
      を集計し、会社の認証を得る。

第 4 章  考課結果の取扱い

(考課結果の効力)
第13条 会社の認証を得た査定は、当該被考課者について次の新たな査定
      (第16条2項の社長の決定を含む)がなされるまで、当該被考課者の当該期間中の
      勤務 成績を示すものとし、引き続き効力を有するものとする。
   但し、第16条2項の規定により、何らかの措置が講じられた場合はこの限りではない。

(考課結果の使途)
第14条 考課結果は効力を有する期間における従業員の査定とし、昇進・昇格、昇給、
     及び賞与の 配分に適正に反映する。

(考課結果の公開)
第15条 考課結果は、被考課者にその直属上司を通じ公開し必要な説明をする。

(異議申立て)
第16条 被考課者は、前条の規定により公開された考課結果に異議がある場合には、
     当該公開のあった日から3労働日以内に、別に定めるところにより、
     会社に異議申立てをすることができる。
2.前項の異議申立てを受けた場合には、早急に調査を行い、何らかの措置が必要と認めた時は
  必要な措置を講じ、社長の決定を得る。

第 5 章  雑    則

(考課者訓練の実施)
第17条 会社は考課結果を適正なものとならしめるため、別に定めるところにより考課者訓練を行う。

(考課結果等の保存)
第18条  考課結果及びその元となった考課表は、5年間保存する。

(施行期日)
第19条  この規程は、平成〇〇年 〇月 〇日から施行する。

(改  廃)
第20条  この規程の改廃は作成担当者が改正案を作成し会社の決定を得て行う。

※この規定は、考課内容に合わせてお使い下さい。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/242-61fd7f79
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック