接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  職場環境を見直す

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

現場・現物・現実を原義・原点・原因・原則・原理で省みる

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

5原と3現

新人が入職する時期になりました。
その前に三現主義と言われる三つの【現場・現物・現実】と【原義・原点・原因・原則・原理】の五つを以って、
現在の職場環境をもう一度見直してみましょう。


【三つの現】とは。

一. 現実
自社・自分自身の心・技・体の【現実】を直視し、現況、現状を正確に把握し、
その現実を【原義・原点・原因・原則・原理】の五つの要素で思考、分析し、
今の自分に合わせて適切な対処対策を実施すること。

二. 現場
実生活上での【現場】(生き様)に於ける、自社・自分自身の心・技・体の現況、現状を確り見つめ、
有りの侭に正確に把握し、生きて行く中で起きている事実を【原義・原点・原因・原則・原理】の
五つの要素で思考、分析し今の自分に合わせて適切な対処対策を考えて、
重視度(優先順位)を付け実行に移す活動をする。

三. 現物
自社・自分自身の心・技・体の【現物=知情意の知】の姿、現況、現状(状態)を正確に把握し、
その現実を【原義・原点・原因・原則・原理】の五つの要素で思考、分析し、
今の自社・自分自身に合わせて適切な対処対策を実施する。

【五原】と夫々の持つ意味。

一.「原義」
:その言葉が本来持っていた意味。元の意味。原意:元の意味。本来の意味。

二.「原点」
:物事を考える時の出発点。(用例)原点回帰
:自分が原点であると思った場所に帰ること。初心に戻ること。

三.「原則」(≒法則)
:多くの場合に共通に適用される基本的な決り。
:顧客やクライアントの立場に立ち顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。

四.「原理」
:事物・事象が依拠する根本法則。基本法則。
:様々な不の要素を引き起こすメカニズムや製造・販売条件、製造・販売環境などの
多角的に機能を知り認識すること。


五.「原因」
:ある物事や、ある状態・変化を引き起こす元になること。また、その事柄。
※結果を、重要度・優先順位の入ったシートして使うと効果的です。

見直す項目】-抜粋

1. 会社のビジョン・理念が明確に確立され、周知されていますか?
2. 全員が一つの目標に向かう体質がありますか?
3. 会社や経営陣に、E.SはC.Sの原点であると言う認識がありますか?
4. 個々人の特質、特性が生かせる人の物の環境がありますか?
5. 人材と人財育成に関する現実的な理念が確立されていますか?

6. 会社側や管理者に明確な目的課題意識と役割認識がありますか?
7. 夫々の職位に於いての役目と役割分担が明確になされている
8. 個々人の意思表示がし易い、職場環境でありますか?
9. 経営陣が従業員を人財)と捉え大切にし、人は企業や店舗の人源力と意識していますか?
10. 評価制度が解り易く作成され評価制度が明確にされていますか?

11. 職場のリスクアセスメントを定期的に行い、課題を見出し、適切な施策がありますか?
12. 職能基準があり、夫々の役割が明確にされていますか?
13. 経営陣や責任者が、率先して奉仕と感謝の心の言動を実践していますか?
14. 顧客の定義が明確されてあり、顧客に接する従業員の役割が明確ですか?
15. ひとり一人の創造性を重んじていますか?

16. 面接から採用に至るシステムが確立されていますか?
17. 一人ひとりに適合した心と技の研修制度がありますか?
18. 各段階における育成面談制度がありますか?
19. O・J・TとOFF・J・Tの内容と実施法が明確にされていますか?
20. 職場に於いて、互いに足りない部分を補える体質がある

21. 学びの為のテキストや資料が豊富に揃って誰もがいつでも閲覧できる環境がありますか?
22. 原義や目的が明らかな様々なルールがありますか?
23. マニュアルは、形や所作の修得とその復習の為であると目的が明らかにされていますか?
24. 意識や姿勢を明確にした心得や目的別のテーマがありますか?
25. 組織全体が現状に満足せず、常に上を目指していますか?
・・・など。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2425-7e1ca7b0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック