接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  その場の空気や温度の読める人

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「場の空気KY」や「その人の温度」を読む

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

空気や温度を読める人

〇その場の空気温度の読める人

相手の感情や気持ちを知る事、その場の「空気」や「温度」をいち早く読み取り、
適切な対応・応対・対処・応答することは、対人関係構築上の活動や判断基準の糧なるとても大切なことです。
そのためには、鋭い察知・洞察力も必要とされます。
このスキルを育むために先ず具体的な観察(目配り)をすることから始めると良いでしょう。

以下、体験からその観察する際のポイントを幾つか記します。
(場の雰囲気、話の内容、仕草や癖などについて)

1. 相手との位置から(情・理)
2. 相手との距離から
3. 足元の状態から
4. 手や体の動きから(落ち着き度)
5. 腕や足組などの態度から

6. 相手の表情から
7. 相手の口元から(開閉)
8. 相手の声の表情から(口調・強弱・スピード)
9. 相手の目の状態から(動き・視線の先)
10. アイコンタクトの有無から

11. 眉間の状態から
12. 会話の間の取り方から(沈黙)
13. 会話のタイミングから
14. こちらが話をしている時の相手の様子から(話の聞き方・相槌・返事)
15. 会話の内容から

16. 話の内容に興味が有るか、無いかから
17. 話の誰が主導権を握っているかから
18. 会話内容に明言素の言葉が多いか、暗病反の言葉が多いか(ポジティブ・ネガティプ)
19. 問いかけに対する答え(応え)の返し方から
20. 言葉や態度の礼節の有無から
※私心を捨て、先入観を持たずに観察することです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2428-c2677611
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック