接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  パート・アルバイト勤務状態評価(サンプル)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

パート・アルバイト勤務状態の評価項目


お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

勤務状態評価

[評価基準]
劣-殆んど無い=0./可-僅かながら有る(出来る)=1./並-普通に有る(出来る)=2.
/良-優れたものが多少有る(出来る)=3./秀-優れたものが多い(出来る)=4.


A.規律性-服務規律の遵守度

①職場での約束を正当な理由なく、破ること事なく守っている。
②会社や上司の指示、命令を無視したりせずにキチンと守った。
③自分の怠慢を正当化するために言い訳をすることはしていない。
④行うべき報告、連絡は確実に行った。
⑤共同で使用している備品は使用後必ず元の状態に戻している。
⑥人から借りた物品は、言われる前に返却している。
⑦遅刻、早退は定められた書式で事前に届出をした。
⑧無断で欠勤や勤務日、時間の変更をしなかった。
⑨自分の身の回り、休憩所内を整理、整頓、清掃を定期的に実行した。
⑩職場内の行うべき5.Sの維持をキチンと行った。

A.規律性計=[  ]点

B.協調性
-業務範囲に係わらず、チーム上好ましい行動、全体の立場に立った協力、協調度

①当社の一員として上司、同僚との間にトラブルはなかった。
②業務向上の為に、他のスタッフの仕事も見返りを求めず快く引き受けた。
③業務向上を目指して職務の円滑な遂行のため自ら進んで上司や同僚と協力し、
 円滑な人間関係を維持する態度、言動であった。
④他のスタッフが困っている時など、進んでサポート、助言をした。
⑤業務向上のために、自分で得た有効な情報を進んで他のスタッフに提供している。
⑥自分の手に負えないことは他のスタッフから協力が得られるよう、誠意を持ち皆に働きかけた。
⑦公休を決める際、会社の都合、他のスタッフの都合に合わせた公休を取るようにしていた。
⑧ミーティングでは皆の意見を尊重し、議論を発展させる為に進んで自ら意見も主張した。

B.協調性=[  ]点

C.積極自発性
-量的・質的チャレンジ、改善提案、自己啓発の意欲・姿勢

①完遂、達成するために努力を要するレベルの目標や業務に失敗を恐れずにチャレンジした。
②業務は与えられたことだけをこなすという一日過ごすだけでなく、常に職務、業務向上の
 ための改善工夫を怠らなかった。
③ミーティングは自ら進んで題目の提供をし、充実した情報交換や議論を行っていた。
④自分の技術や知識の弱点を補うため、進んで学習するなど自己啓発を行っている。
⑤新たな職務や業務のテーマ、目標、課題に対して、尻込みしたり、出来ない理由を探したりして
 『どうやったらできるか?』という姿勢で取り組んでいた。
⑥自ら進んで改善提案・意識改革・問題点の打開などに挑戦し職務を行っていた。
⑦自分の業務のみならず周囲も含めた業務効率向上や改善を目指した行動・言動を行っていた。
⑧時代に合わせ、職場の現況に合わせた、新しい発想による企画、改善提案を行っていた。

C.積極自発性計=[  ]点

D.責任性
-与えられた職務、役割(守備範囲)をやり遂げようとする意欲・姿勢・態度

①自らの役割、目標や課題を、途中で投げ出すことなく最後までやり遂げた。
②会社(社員)の方針や考え方を自分なりに理解し、常に先手の行動を取っていた。
③困難な仕事を先送りせず、その都度必要な対処をした。
④業務に対し、達成困難が予想されたことは早めに仲間や上司に相談し、対策を講じていた。
⑤会社や店の方針、施策に批判的な行動・言動を取り、また他のスタッフの行動をけなすなどして
 やる気を削ぐような行為はなかった。
⑥職場のパート・アルバイトのリーダーとして仲間や新人に対し適切な指示ができている。
⑦リーダーシップを発揮し、メンバーの意識や円滑なチームワークになるようにまとめていた。
⑧仲間の業務態度、業務能力の向上を常に意識し、そのための努力精進を惜しまなかった。

D.責任性計=[  ]点

A~Dの合計=[  ]点


※集計結果をレーダーグラフにしてお使いになることをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2434-ad3b77bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック