接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  マナーの本質を見直し、再認識する-1(再投稿)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

【特選記事】マナーの本質を知り、身に着ける

お薦め度【★★★★★全業種、業態用

マナーの本質A

マナーを辞書検索すると、【manner】=態度、礼儀、礼儀作法、とあります。

「他者を気遣う」ということがマナーの本質(原義)です

言い換えると日本古来の「おもてなしの心」であると言えます。

マナーには公共マナーからテーブルマナー、ビジネスマナー、人との触合いのマナーなど様々な様式があり、
額面通りに四角四面に解釈して適用するルールやマニュアルではなく、人間が人として幸せを掴み、
心豊かな社会生活を送る為や気持ち良く生活して行くための知恵です。

「他者を気遣う」という気持ちを

所作(=なすこと。行い。仕事。生業。その場に応じた態度、身のこなし。仕草。または、演技)
として形式化し、目に見えるものとして判り易くしたものがマナーです。


またマナーは、個々人の経験や知識・常識によっても価値観や捉え方による差異が生まれます。

マナーは「他者を気遣う」気持ちを形として現したものであり、
一人ひとりが大切な相手を心地良い気持ちにし、不快にさせないように「思いやりの心」や
様々な方面から考えを巡らして行うべきことです。

しかし、「他者を気遣う(思いやる)」ということよりも、マナーの所作だけを捉えて【マニュアル化】し、
マニュアル通りに所作しているか否かでマナーの善し悪しを判断してしまう傾向が多く見られます。

例えば、ビジネスマナー等でそのような傾向が見られます。
その結果、指示命令や基準となる規範がなければ行動を出来なかったり、
マニュアルにない応対対応力に欠けた、応対や対処をしたり、
形式のみに拘り、何の為にするのか、何故行うかなど目的を考えることをしなかったり、
というような様々な誤った理解や弊害?が多く見られます。

また、挨拶を「マナー」ではなく、「規則」や「ルール」、「法則」として強制し、
押しつけ行わせている組織や店舗・企業も実際にあります。

マナーは、個々人が自発的にする「思いやり」である故に、罰則はありませんが、

マナー(≒モラル)違反
すると

「立場を失う」

「大切な人を失う」

「失望」

「愛情を失う」

「信頼を失う」

  ・
  ・
  ・
等々
と言った人間として様々な≪心のペナルティー≫や<人としての罰>が課せられます。

結論として、マナーは何なのか、どう言った内容なのかを知ることを怠ったり、
守りらなかったりすることがマナー(ルール・規律)違反と言うわけです。
従って、個々人の心に差があるマナー自体をマニュアル化することは出来ないのです。
マナーを表し示すための様々な技法(テクニック)や所作はマニュアル化が可能です。
但し、何故行うのか、目的は何なのかなどを明確に記しておくことを忘れないことです。
マナーは「形」である所作と「心」を共に身に着けてこそ生かせることを、確りと自覚しましょう。

身に着ける際に一つひとつのマナーについて、このような形をするのは何故なのかを
多方面から分析し、理解し認識することをお勧めします。

特に接客・接遇の場では「マナー=思いやる心」を身に着け、お客様や相手と接し触合うことにより、
喜びや感動、感激を味わえ、ある時には優しさや忍耐、寛容の心と言った、人としての大切な要素を
沢山身に付けることが出来ます。

別な表現をすると、接客、接遇マナーは

接客、接遇の場に於ける思いやりの所作』であると言い変えられます。

そして、思いやりは、相手の心を開く≪Key≫なのです。

ブログパーツ



    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2446-4910921b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック