#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) マナーの本質を見直し、再認識する-3.(再投稿)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

ルールとマナーのマニュアル&テキスト(手引き)作成

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

マナーの本質手引き

以下、実際にどのようにして教材(テキスト・手引き)やルールやマニュアルを作るかを具体的に解説します。

◇作成ステップ

第一段階は、何のために使うのか目的を明確にします。

第二段階は、教える対象者を新人、現場で働いているスタッフなのかを明確にします。

第三段階は、いつ、どのようにして使うのかなど使用方法を明確にします。

第四段階は、 教える対象者の個性や能力を洗い出します。

第五段階は、教える人は誰なのかを明確にします。

第六段階は、教えるための時間と場所、方法を明確にします。

第七段階は、必要に応じて教える内容のカリキュラム、タイムスケジュール作成します。

第八段階は、必要に応じて修得アンケートやテスト内容を作成します。

第九段階は、必要に応じてフィードバックシートを作成します。

第十段階は、修得度ランク付、個々人の優先順位付けした診断やチェックシートを作成します。

第十一段階は、マナーとルールの項目の選択をします。

第十二段階は、マナーとルール(所作・法則・技法・作法)の説明や解説の内容を決めます。

◇例

先ず、ルール・法則(所作・技法・作法)についてはマニュアル(又はテキスト)を作ります。
同時に、マナーについての解説テキストや手引きを作ります。

A.ルール(飲食店の例)
※ルールは身に着け、守るためにあります。

〇身嗜みのルール(イラストや写真を併用する)

a.髪(形と色・手入れ)
・長髪、ロングヘアは定められた束ね方をしておく
・髪型の乱れ
・適切な手入れ
・指定された色(黒髪・茶髪)
・整髪料の香り

b.顔
・店舗合った適切な化粧の実施
・メガネの汚れの除去。手入れ
・鼻毛の手入れ
・脂ぎった顔の手入れ
・口臭の点検
・髭はきちんと手入れされている、又は剃ってある

c.服装
・規定のものを着用
・シャツの襟、袖口などが汚れ
・ネームプレートは所定のところに付いている
・ネクタイ・リボンはきちんとしめている
・ズボン・スカートのプレスの有無
・ズボン・スカートの手入れと清潔さ
・ボタン・フォックはきちんとされていますか
・サロン・布巾の清潔
・アクセサリー・指輪

d.爪
・爪の中の清潔さ
・爪を適切に切り手入れする
・マニキュアは濃度

e.靴
・定められたもの
・踵などを折らずに履く
・靴の清潔さ埃や汚れの除去
・磨くなどの手入れ

B.マナー(飲食店の例)
※マナーにはお店やあなたの心が表れます。
マナーは相手があり、その相手は性格は様々です。


〇身嗜みのマナー(目的と意図)

清潔感と規律の正しさを与えるためにキチンとした身嗜みが必要とされる。
接客接遇サービスの仕事は、スッキリとした清潔感のある身だしなみが求められます。
お店は飲食物を提供する所である以上、清潔・衛生は欠かせません。
お店と人の清潔感がお見え頂いたお客様に安全と安心感を与え、人と店への信頼を生むことを目的とします。

キチントした身嗜みは、統一感、誠実さを現す第一歩です。
身嗜みは、お客様への礼を表すためにします。
身嗜みには人の内面的な人間性や、勤務に対する意識や心構えも反映してしまうものです。

そして、心の健康管理、身体の健康管理も身だしなみに表れます。
キチンとした身嗜みは、お客様への好感を与え、良い第一印象を持って頂く為にも不可欠です。
おもてなしの三つ要素、心・技・体を現すのも身嗜みの役割なのです。

以上のような内容でルールとマナーについてマニュアルやテキストなどを構成すると効果的です。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2450-a9835ed1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック