接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  領域と境界線(4) マナーとルール(所作)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

マナーのパフォーマンス化?

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

マナーとルール(所作)の境界線長角横

そもそもマナーとは、相手への「思いやり」を表す「形」です。
従って、その人の持つ個性や感性が多少なり滲み出るものです。

ルール(所作・作法)は、極端に言えば窮屈で型に嵌められ、
このようにすべきであると言う従うべき決まりごとが多々あります。

最近実体験したことですが、Dと言う大手のレストランで、
お手洗いに行っている間に、まだ半分以上残っている珈琲と
テーブルに置いた新聞などを片付けられてしまいました。
そのことで注意をした時、何故か満面の笑顔
応対(対応)する若いスタッフがおりました。

また、とある都内のチェーン店・パーラーGでは、全員がハフォーマンスを重視し、
中でも男性がまるでニューハーフのような満面の作り笑顔と
女性的な身のこなし
で接客している姿も見受けました。

この二つの事例に共通するのは、
現場も指導する側もマナーの原義「思いやり」の心を軽視し、
身勝手な思い込みの利己的な自利と
顧客の思惑を重んじる意識であると思われます。

このようなことが笑顔ばかりでなく、
見た目や思惑、カッコ良さなど他の姿勢態度や人や物に対する
意識にも姿形を変えパフォーマンスとして表れている現代ではないでしょうか。

パフォーマンス自体が良くないと申しているのではなく、
おもてなしやマナーの原義である思いやる心を持つ
人間らしさをもっと大切にしてほしいと思います。

これからの労働人口の減少、少子高齢化社会や
2050年問題解決に欠かせない人との繋がりを築くには、
互いが思いやる心があって創られるということにもっと目を向ける必要があると思います。


後書き)
日本人の日本の心を大切にする姿勢の変化、その一方でおもてなしを重んじている社会環境。
時代は変わったなぁ、これからの日本はどうなってしまうのだろう?とつくづく思い知らされる出来事でした。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2489-42cb17db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック