#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「介護」と「看護」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

把握しよう「介護」と「看護」の違い

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

「介護」と「看護」

近年、人気のある職業の中に介護看護があります。
何処に行っても仕事の大幅な変更がないので、
基礎さえしっかり分かっていれば、スムースに仕事に就くことが出来ます。

基本的に、介護看護も人を助ける(ホスピタリティマインド)という意味では同じなのですが、
介護看護とでは考え方や仕事内容は大きな違いがあるのです。
では、どのように違うのでしょうか。

同じ福祉施設で働いている人でも「看護師」と「介護士」には大きな違いがあります。
将来、医療福祉関係に進みたい方でも一般人でもこの違いは必ず知っておきましょう。
看護と介護の違いについて取り上げてみました。
この「介護と看護」について、どのような違いがあるのか何が違うのかみていきます。

◆根本的な考え方
介護と看護の一つ目の違いは「根本的な考え方」です。
介護は主に日々の生活で人の助けを必要としている
高齢者や障害を持っている方に対し、介助を行うことが基本的な考えです。
詰り、安心して暮らせることができるように安らげる場所と気持ちを優先します。

老人施設は利用者にとっては家同然です。
老後を快適に過ごせるよう、身の回りのお世話を親身になってサポートするのが介護です。
一方、看護は心身の病気や怪我を治し健全な身体にすることが優先されます。
詰り、病気を治すための治療が優先されるのです。
あくまで入院している患者さんのお世話やアシスト、
時にアドバイスなどをするのが看護の役割であり、
病気・怪我を治すための様々な手助けを行います。
このように、介護と看護は同じようなものであっても
根本的な考え方が違うのです。

◆仕事内容
根本的な考え方に差異があれば、仕事内容も勿論違います。
介護の基本的な仕事は入浴介助や移動の手助け、食事の提供、
排泄介助など日常生活を中心に手助けをしていくことになります。
施設でのレクレーションや高齢者との会話・コミュニケーションも介護の大事な仕事です。
いかに利用者を楽しめさせ、安心感を与えることができるか、
リフレッシュさせられるかが、介護士の力にかかっています。

このようなことを行うため、
心の要素として「無私利他」≒「親切」「思いやり」「優しさ」「奉仕」「感謝」
と言った心を備え持つことが必要です。

看護士の仕事内容は、医師の助手や注射・点滴、病棟の見回り、
患者さんの生活(バイタル)チェックなど療養のお世話が中心で、
介護士にはできない治療や診療に関する知識や技術が必要です。
患者さんの治療に関連する仕事が主な内容と言えます
仕事内容においても違いがある看護師と介護士お互いの役割。

介護現場において看護師は非常に重要な役割を担っています。
たとえ、介護施設ではもっとも身近な存在が介護士だとしても
体調管理や生活(バイタル)チェックができるのは看護士です。

お互いの役割をどう区別するのかによって現場での立場は変わってくるのではないのでしょうか。
実際に介護施設では看護士と介護士の区別がつかなくなってきているところが増えてきています。
看護士の数が減ってきていることから看護士がするべき仕事を
介護士が担当するなどあいまいになっているのです。
看護士は医療に関する知識をもっていますが、介護として働く人はもっていません。
そのようなことが増えればミスも必ず発生します。
介護施設を利用している高齢者が安全に暮らせるように、
介護と看護の区別はきちんとしておかなければなりません。
あいまいにしてしまうと大変なことになってしまいます。

◆まとめ
最後にもう1度、看護は療養上のお世話をすることになり、
介護は日常生活における介助が基本的な役目です。
それぞれにしかもっていない知識・情報があり、役割も違います。
きちんと2つの違いを把握することで看護にしかできない仕事、
介護にしかできない仕事をこなしていくことができるでしょう。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2494-c027042a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック