#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなし&接客・接遇サービスの特質

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

サービス活動の特質

おもてなし&接客・接遇サービスの特質


おもてなし接客サービス活動の特質には、人との触れ合いのヒントが沢山隠されています。
商品やお客様、おもてなし・サービスを大切な人や個人、行動に置き換えてみて考えてみて下さい。

1) 様々なお客様の欲求を満たさせる無形の活動
おもてなしの「コト」に該当

形のある商品や物はその物が顧客の欲求を満たすのに対して、
おもてなし接客サービスは活動そのものがお客様の欲求を満たす点で異なります。
おもてなし接客サービスには必ず人間的な要素が加わってきます。
おもてなし・接客サービスは人の手で触れる事の出来ない無形なものなのです。
当然、おもてなし・接客サービスには形がありませんから
予め事前に作って倉庫に入れて置くなどという事は出来ません。
それは、一瞬にして創り上げられますし、その場でお客様の心に消費吸収されてしまい形として残りません。

2) おもてなし・接客サービスは消えてしまいます

おもてなし・接客サービスは接客時に、お客様に利益や便宜などが生まれます。
蓄積できませんし一回限り瞬時に消失してしまいます。
生産と消費が同時に行われます。

3)おもてなし・接客サービスは人間依存から成立します

おもてなし・接客サービスは行う人間の人間性や技術の優劣に依り色々な形を創り出します。
従って、おもてなし・接客サービスをする当事者の人となりと技術を求められます。
おもてなし・接客サービスを行うには、それなり人間性と技術力、知識が必要なわけです。

4) おもてなし・接客サービスは即時性、即効性を持ちます

言わば生(ナマ)で行われるという事です。
リアルタイムにお客様に対して行われるものです。
おもてなし・接客サービスをする人と受けるお客様の間で、リハーサル無しでリアルタイムに行われると事です。
おもてなし・接客サービスとは一発勝負という特質をもちます。

5) 接客サービスには個性があります

おもてなし・接客サービスの利用者は千差万別です。
おもてなし・サービスの利用者(お客様)のその時の欲求や好みが優先します。
そこでおもてなし・接客サービスを行う人と受ける人との間でコミュニケーションが必要になります。

6) おもてなし・接客サービスを受ける側からは「経験」です

その経験が対価として価値があるかが問題になります。
お客様の意識や感情、行動に左右されます。

7) 接客サービスは同質でなく基準もありません

お客様自身がもてなし・サービスの生産にかかわる場合が多く、
もてなし・サービスの結果はお客様それぞれによって異なる場合が普通です。
このもてなし・サービスを生産するプロセスでお客様も加わります。


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/25-5cb04bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック