接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  接客人を育む(基礎編)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

躾とルールについて

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

躾とルール深緑


お客様を心からの笑顔に出来る接客人を育むためには、「教育と共育」に心掛けることです。
同時に、人として幸せな心が持てるように、こちらから一方的に伝え、教えることよりも【気付く】ように導くことです。


1. 社会人として、躾・ルールの必要性を認識させる
2. なんの為に身に着けるのか、その目的を明確にする
3. ルールとマナー(躾)の境界線を共に考える
4. 接客や業務の手本になれるスタッフの個別指導を行う
5. 結果や成果の予測を共にする

6. 毎日の唱和や朝終礼によって意識を植え付ける
7. 基本動作、基本態度を教え、実行させる
8. 基本挨拶の仕方と目的を教え、実行させる
9. 指導、監督者個々人に不足している「しつけ」をして行く
10. 指導、監督者に手本となれるよう教育を行う

11. 指導、監督者による教育育成、個別診断を行う
12. 指導、監督者の指導方法をチェックし、成果を確認する
13. 職場の基本ルールの実行度合いの相互チェックをお互いが行なう
14. 個別指導により意識及び習得確認する
15. 全員で基本ルールを作成する

16. 本人の資質、能力を量る
17. 個別に習得の目標を明確にする
18. 個人の能力に合わせ、目標に対する手段方法を教える
19. 定期的に面談し、個別目標の習得度合いのチェックを行なう
20. 管理者は指導、監督者に対して個別の指導方法をアシストする

21. 受皿となる色々な資料を作成し与える
22. 個人指導を行い習得度合いの評価を伝達しモチベーションを持たせる
23. 業務現場においてポイントのチェック及び指導する
24. 指導を受ける人に、随時フィードバックを行う
25. ルール、マナーの徹底にはチームワークの重要さを説く  etc.


ルール、マナー(躾)は、なぜ必要なのか、どういった効果があるのかを理解させることです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2503-b6dd384d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック