#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人間は表裏一体

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線


内面外面 (実体・本質・虚偽・虚飾・虚像)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

表裏一体赤長

今回は外の自分と中の自分の統一、表裏一体である人間の「」と「」の顔について記します。

内面外面の意味(辞書検索)

外面(ソトヅラ)。物の外側の面。がいめん。他人との応対などに見せる顔つきや態度。
内面(ウチヅラ)。 家族や内輪の人に対する顔つきや態度。物の内部。内側。


人の性格や能力、心は、外見だけでは判りません。
何事も経験してみなくては本当のところは解らないのです。
何も体験してみないで、批判や評価するべきではありません。

例えば外面の良い人々に共通するのは、
外面の良い人々に共通する角1
・・・などがあります。

現代社会は、他者の目や思惑を気にし過ぎるばかり、己の本質を偽り、
日本人の心と言われる「侘び寂び」の心を失い、虚飾や虚像と考えられる
自分自身の外見や対人テクニックを優先し身に着けたがる傾向があります。
最初は「素敵」に見え、着飾り本質を偽ったとしても数ヶ月経てば
虚飾や虚像の中身は露見してしまうものです。

その結果、大切な人を失ってしまう事例をこの目で無数に見てきました。
口ではお世辞を言うのに内心では人を馬鹿にしていたり、
外では道徳の大切さを話すけど自分はモラルに欠け倫理に従わなかったり、
自分の家は汚いのに他人の家の汚さの文句を言ったり、
他人には優しいのに家族には威張っている、といったことがないでしょうか。

食い違いがあること事態は人間として当然ですが、吟味しない侭、
そのギャップを大きくしてしまうのは良くありません。

何かをする時に、言行不一致と言われている、思っていたり、言っていたりすることと、
実際に行動していることって結構違う場合があります。
また、他人を見る時の基準と自分を見る時の基準が変わってしまうことがあります。
文章を書く時にも、思ってもないのに、
自分がよく認識していないことや思いつきで書いていてしまうことも多々あります。

人は、多少なり外面内面が違っているのは仕方ないことかもしれません。
ТPОに合せて、外面を変えないといけない場合もありますから、
外面を気にしてはいけないと一概には言い切れません。

自らの心が変な暴走をしないように防ぐためにも、
内面と外面は少なくとも違っているということを意識しておいた方が良いと思われます。
そのために、自分自身の本当の姿と向き合い、それを認め受入れることです。

では、どんな自分を知り、それと向き合うのかを以下にアップしてみました。 自分を知り、それと向き合う1
といったことがあげられます。
    ブログパーツ


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2520-e73da81d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック