接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  恩は心の礎

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

恩を心に刻む

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

情け・継続

【かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む。】

【言うものは水に流し、言われたものは石に刻む。】
このような名言は、

人は己が他人にしたことをいつまでも忘れられず、
 他人から受けた恩や情けをいつの間にか忘れてしまったり、
 ないがしろにしたりしがちになる
。」
と言うことを戒めている言葉です。

仏教では、布施と言う奉仕、施しの活動を
「してあげる」「してやる」のでも、「して差し上げる」「させて頂いている」
「させて頂く」でもなく唯々『御返しをさせて頂いている』と
受け止めることが大切だと説いています。

私達人間は、その文字の如く、祖先や多くの霊、人々に支えられ、
人と人との間で生かされ生きていることを自らの心の礎にシッカリと刻み、
己が「生かされ、生きていられる」ことに「嬉しい」「お陰様で」「有難い」と
人や自然、物事に謙虚に感謝し、その恩恵の心を何時も忘れることなく、
生かされ、生きて生活していられることに
『御返しをさせて頂いている』気持ちを持ち続け、
表し伝えて行くことがとても大切だと思います。

私は敢えて、サービス業やおもてなしに関わる者にとして
何事も他者を主、己を従と捉えように意識し
「受けた恩は心に刻め、かけた情けは水に流せ」
と順序を入れ替えて意識するようにしてします。

同時に、祖先や周りの人々から「生かされ、無事に生きている」ことに
「お陰様で」「有難い」と言う感謝の気持で接するように心掛けています。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2521-43ea1e0b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック