接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人との触合いは、先ず【認める】ことから

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「認め、認め合う心」を大切に

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

認め合うL

社会での日々のお付き合いや触合う中で、
大切なことは互いが人間として「認め、認め合う」ことです。
その円滑な人との関り、繋がりに欠かせないのが
認める」「認め合う」の心と言動です。
対象となる人を「認める」ことは、
態度に表し、言葉を発する前の、
己の心の持ち方やその取組み姿勢がベースとなります。

この度の岩手で起きた中学生のいじめによる自殺
SOSを発信しても、きちんと本人と向き合い、
それを心を開いて受け止め認めることをせず
大切な尊い命を自殺により失ってしまいました。

また、数年前の秋葉原の無差別殺傷事件の犯人が、
「周りの人々に、自分を認めて欲しかった」
と話していたことを思い出されます。
彼は、自分が周りや社会から認められないことにより、
人間性喪失・生甲斐を失う・孤立感・劣等感・悲壮感など
様々なネガティブ要素による意識が芽生えた結果
悲しい事件を犯してしまう要因の一つになっていると思われます。

人々が先ず、人としてお互いが「認め、認め合う」ことの
キャッチボールをスムースに出来る社会であれば、
人として、社会人として成してはならない、
様々な悲しい事件はもっともっと少なくなると信じています。
この「認める」ことは、お互いが「認め合い認識する」ことに繋がります。
そして様々な「犯罪・「DV・いじめ」など人としてあるまじき行為を減らします。
この、人として「認め、認め合う」ことは「心の礎」であり、
無くてはならない大切な心得と活動です。

※【認める】は、辞書検索すると、
見える、気付く、判断する、よいと評価するとあり、
1.目にとめる。存在を知覚する。気付く。
2.見て、また考えて確かにそうだと判断する。
3.正しいとして、また、構わないとして受け入れる。
4.能力があると判断する。
5.気をつけて見る。じっと見る。・・・・・とあります。 
熟語として「認可・認定・認容・公認・承認・信認・否認・黙認・容認」などがあります。


さて、おもてなしや接客の場で、大切な客人への心の篭ったもてなしには
この「認め、認め合う」ことなしでは伝えられません。
例えば、挨拶時、
「こんにちは」よりも「○○さん、こんにちは」と言われると、
自分の名前を付けくわえてもらえると、とても気分が良いです。
お店や会社の通路で、
従業員が壁側に沿って端を歩いているのを見ると
【このお店は、お客様を大切な人と捉えているんだなぁ】
と自然に感じます。
そして【お客様を立てる事】は
「お客様を認め、おもてなしをする第一歩」です。

『あり難い』=感謝の言葉「ありがとう」は、
お客様へのお店(会社)の姿勢の現れです。
日々、ごく身近で些細なことから「認め合う」癖を付け、
人として「認め合う」ことの大切さを認識しましょう。
お客様から『君が居るからこの店に来るんだよ』
お店(会社)から『○○さんの存在は大きい』
仲間から『○○さんだから出来たんだね』など、
「認められる」ことで生れ湧き出てくる、
計り知れない超大な心のエネルギーを得られ、
素晴らしい感動や余韻を互いが味わう為にも必要なのです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2532-a14061c5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック