接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  立場転換

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

相手の立場で思考する!

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

立場転換11】

私達は日々の社会生活で様々な人に関わり、触れ合います。
その際、一人の人として大切なのは相手への思い遣りであり、利他心です。
そのためには、相手の心身に我が身を置き換えて思考し、
行動する「立場転換」活動が必要です。
立場転換を判り易く言うと相手の立場でその人や物事を観察し、
状況状態を察知しつつ思考し、多方面から思慮し、
態度や行動に表わすと言うことです。

また、自分自身の「ものさし」を外し、
相手への先入観をかなぐり捨て、
相手の心のホジションで思考し、
相手の置かれた様々な環境を念頭に置きながら
相手の身になって考え行動することが「立場転換」です。
もし自分だったらと思う意識と活動は、
おもてなしや接客業は勿論、
人間関係を円滑にする為にも大切です。

皆さんは普段の生活の中において
自己中心、我侭、コミュニケーション不足などで、

◉大切な人やお友達を失ったことはありませんか?
◉人との関わる上でいじめやハラスメントは起こりえると思われますか?

立場転換の質問

・損得意識で相手と触合っていませんか?
・好き嫌いの感情で相手を見ていませんか?
・自分の尺度で周りの方々を計っていませんか?
・他の人の良い処を誉めたり、認めたりしたことは有りますか?
・相手と同じ目線で話しをした事が有りますか?
・「駄目」言われた人の気持ちを察しられますか?
・もし貴方の様な人が仲間にいたら貴方はどう思いますか?


立場転換の活動 (手段、手法)

1. 相手に対する見方を変えること

人間は有る程度の歳になると
物事の考え方や意識は固まってしまいます。
でも物事に対し角度を変えて違った角度から
人を見ることはそう難しくはありません。

いつも裏側から見ていたりしている人は
正面から見る癖を付けることによって
同じことでも随分違って見えるものです。

例を挙げますと、
イ) どんな人間でも必ずよい処が有る。
ロ) 相手のよい処を見つける努力をする。
ハ) そして、そのよい処を言葉にして伝える。
ニ) その後注意なり指示をする癖をつける。

2. 相手の能力を見定め相手に合った話し方する。
 能力以上のことは求めないで少しでも予測上に出来たらキチンと認める。

3. 注意やアドバイスをする時は、
 会話の組み立てを「認め」「褒め」「諭す」の順で組み立てる。

 話す前に「飴と鞭」を使う比率を予め考えておくようにする。

4. 話す内容をいつも聞く側の気持ちで考える。
 もし自分が聞く相手の立場だったらと言われた側で考える。

5. 相手と同じ目線で話す。
 (上からもの言わない・押ししけない)同じテーブルで話す。

6. 何故話すのか、話す目的を伝える。
 目的の必要性を理解させる。

7. 相手が「必ず出来る」と言う信念を植えつける。

8. 成果や結果を明確にして理解させモチベーションを高める。

9. 自分の事は極力話さない

10. 平らな気持ち(誰にでも平等に)で接する。
 好き嫌いや相手の地位などで内容を変えない。

このように立場を変え相手の心を理解することは
社会を円滑にし、幸せを掴む近道です。
いつでも相手の立場で話すこと、考えること、
接客やおもてなしの場合は
先ず、お客様を笑顔にすることを考えて応対する。
それによって、貴方の人間的な魅力をより向上させ、
利他心やお互いを思い遣る心、尊敬尊重し合う心、
互いが認め合う心、感謝・奉仕の心が生まれます。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2534-2a0512d5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック