#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 対人関係の当たり前「認める」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

対人関係に欠かせない認める活動

       ≒認証(承認・信認・認識)


お薦め度【★★★★】全業種、業態用
認める対人

生活上や社会での対人関係における相手への関心を示し、人として「認める」行為であり、
真摯に向き合い接することは、その人への大切な思い遣りや利他の心を育み、自らの心を豊かにします。

日本では、人の目や外面(ソトヅラ)を重んじ、他人の思惑をあれこれと考えるだけでなく、
己の保身を優先するばかりに、物事を曖昧にしておくことを美学と考える傾向があります。
煩悩や欲がある人間として、仕方ないことかも知れませんが、
己の損得が優先し、自分自身に何らかの形で利が望めそうな人、
役立ちそう人、著名人、今後のビジネスに繋がる可能性がある人など言った方には、
進んで挨拶のメールを送りますが、関心がなく何の利も得られないと判断した人には、
人として大切な挨拶を無視してしまう傾向があるのではないかと思います。

このようなことは、特に社会的地位のある人や指導者の場合に多いのではないか思います。
同時に様々な御縁が得られるネットの様々なツールで、
まだ実際に会っていない見ず知らずの人からその人の心(器)が計られている場合が多い
と考えてみることも必要なのではないでしょうか。

日々の何気ない挨拶のひと言、ツイッターやフェイスブック、ミキシィと言ったSNSツールによって
御縁を頂いた方へのちょっとした挨拶メールも、大切なそのひとつであると考えます。

特に後者のツールの場合は、挨拶の有無で自らの利害関係意識が如実に表れると考えます。
意外と忘れがちな、このようなネット上のツールに於いて、
ひと言の挨拶メールを交わすことも相手を「認めること」、
互いが「認め合う」ことの表れであるのです。

また、関係ないように思われる相手からの要望・問いかけやお願いなどを無視せず、
勇気を持ってハッキリと出来ないと「断る」ことも、
人としての相手への思い遣りを表わす「認める」ことです。

日常生活上での「認める心、認め合う心」と態度は思い遣りを表現するひとつの手段です。
そのために、まず向き合う相手を一人の人間として自覚することです。 


その思考や活動として以下のようなことがあります。

⇒自分の心を許し受入れる

⇒自分の心(強弱、強い・脆い、善悪)と向き合う

⇒相手の心身と向き合う

⇒その相手を知り、信認する(観察・察知・洞察する)

⇒物事の捉え方、意識を共有・共感出来るか否か判断する

⇒何故(どうして)の心で相手を見る(立場転換意識)

⇒自他の感情と向き合う・共鳴する

⇒人として認め、信じる(認証≒承認する)

・・・・・・なと
 

(参考) 【認める】の辞書検索=見える、気付く、判断する、よいと評価する。
1目にとめる。存在を知覚する。気付く。
2見て、また考えて確かにそうだと判断する。
3正しいとして、また、構わないとして受け入れる。
4能力があると判断する。
5気をつけて見る。じっと見る。・・・・・とあります。 


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2574-ae0bfbe1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック