#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「もてなす人と心を育てる」 講座の御案内

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

基礎から学び身に着ける

 「おもてなしの人材育成」講座

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

この講座は、4~5人りの少人数でも、出前講座として全国どちらでも開講致します。
詳しくは、右カテゴリー上の【問合せメール】か、080-5491-3067(基みのる)まで問合せ下さい。


基礎から学ぶ「おもてなしの人材育成」

おもてなしの活動は、相手に心から喜んで頂き、触れ合う人に笑顔に成って貰いたい、
といったことを表すことで、それはもてなす側の人の心に生まれます。
即ち、「仁の心」や「利他心」とも言われる相手を「思いやる心」から生まれるのです。

その活動は、人が人に行うことを重んじ、相手によって変化しますのでサービスのように
一定の形をマニュアルに出来ないことが多々あります。

この講座では、「先心後妓」の心の元、様々なもてなす側の人のマインドと技を育むために、
所作と言われる作法、基礎となる信認や挨拶、姿勢態度、感謝の表現などを学びます。

また、人として大切な心の軸とそれを支える礎、安心感、様々な当たり前、筋を通す、
言葉の重さ、平らな心、心のエンジン、会話時の言葉と態度なども共に学びます。
このようなもてなす人と心を育てるだけでなく、人としての心も一緒に育めます。

「何事も基礎となる心と技を備えていれば、
               総ての人間関係や仕事にも生かせる。」


これは、長年に渡り人に関わる仕事に携わって来て得られた私の学び(答)です。

この講座は特に、指導的立場のリーダーや監督管理職(人材育成に関わる方)、
おもてなしや接客・接遇業の管理者及び経営者の方に受講をお薦めします。

★どんなことが学べるの?

初回は、「おもてなし」に関する基礎知識、
おもてなしに必要とされるマインドと技(スキル)、
もてなす人に求められる「人間力の基礎」を学びます。

【初回講座の内容】

★日時 9月27日(日)
 時間  15時30分~17時30分

    ・終了後ご希望がございましたら懇親会も用意致します。
    ・お申込み頂いた人数が4名様に達しない場合は順延とさせて頂きます。

★日時 10月13日(火)昼夜とも同じ内容で致します。
 時間  【昼の部】 14時00分~16時30分
      【夜の部】 19時00分~21時30分

(備考)27日・13日どちらも定員6名様です。お早めにお申込み下さいませ。

◆おもてなしを学び知る
 おもてなしとは?(日本とホスピタリティの語源と原義など)

◆おもてなしの基礎「人間力」を育む
 おもてなしを表す形は人によって様々ですが、その心はみな同じです。
 この講座では先ず基礎となるおもてなしの心(マインド)から学びます。

1) バーチャルなおもてなしの「人間力」
  おもてなしのマインド診断と解説(必要なスキル)

2) リアルなおもてなしの「人間力」(夫々のポイントと解説)
  笑顔と口角・目線・姿勢(待機含)・身嗜み・歩行


講座の特徴

 私どもの講座は、今迄参加されたから「後からじわじわ効いてくる」との声が御座います。
 「おもてなし」も「学び」も、後々体験した人々の「心に残る」ようにしなければなりません。
 何時迄も心に残り、「心の通い合うおもてなし」を大切に考えた講座です。
 このような主旨を講座後に生かすために、受講日別学習解説テキストを用意しております。

※このテキストをご希望される方に、お分け致します。   
 新・おもてなしの教科書(仮名)/テキストデータCD → ¥3,240


【お申込み方法】
 ※以下をクリックし、なさって下さい。 

10月13日(火)開催講座の御案内・御申込み・こくちーず

【開講意図と目的】

 四十数年人に接したその体験や波乱万丈の人生から得た
 「おもてなし」をする人材の育成に関する学びや人と触れ合う知恵を
 独自体験をもとに独自の視点で「人間力の基礎」からお伝えする場です。
 社会生活や様々な職場で多くの人々に出会い支えられ生かされて、
 若年~中年は実務中心、壮年以降晩年に至る今日まで実務に関する知識を学びました。

 そして、その道程で数えきれない多くの学びや教え、生きる知恵を得られました。
 同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
 人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
 大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

 現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わって来た実体験に、
 人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心の育成に貢献できればと考え、
 今迄得られたその「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝えする場です。

 同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の元を
 「おもてなし」を通して、皆様にお伝えする場でもあります。

 形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
 本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思われます。

 「人生死に至る迄学び」との心の下、一人でも多くの方々に、
 心豊かで幸せな生活を得て頂ける「源」を共に学べればと考え、この場を設けることにしました。


備考)・・・全講座は、以下の内容を皆様の御意見や御希望を取入れながら六回~八回程度で行う予定です。
  1. 人間力の基礎
  2. 社会人の基礎
  3. おもてなしの特質(主客一体・心技体)

  4. 目に映る、映らないおもてなし
  5. おもてなしのスタート(心技体)
  6. おもてなしと一期一会・守破離・わびさび・利休七則

  7. おもてなしの「しつらえ」とは
  8. 日本のおもてなしとホスピタリティのおもてなし
  9. 大切な人へのおもてなし

  10. 現代社会とおもてなしの心
  11. おもてなしの二極分化
  12. おもてなしの感銘と余韻

  13. おもてなしの察知力
  14. おもてなし応対と自分の気づき
  15. サービス業と日常と非日常のおもてなし

  16. 商品力だけでは出来ないおもてなし
  17. サービス業・飲食店の色々なおもてなし(料理店・カフェ・高付加価値店別)
  18.顧客に合わせたおもてなしの所作と応対のポイント・・・など。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2583-feabe01e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック