#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 皆さんの職場は如何ですか?

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

やる気職場環境の関係

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

やる気&職場環境の関係

現在の社会は情報過多や労働環境の変化により、
人的なハラスメント、過労による病や死、出社拒否などの
現象でも明らかなように、何かとストレスが多くなりました。

そのようなストレスに対処する方法として、厚生労働省でも、
様々なハラスメントの対策職業性ストレス調査や対策
といったことを実施するように各職場に奨励しています。

小規模企業や店舗では、経営者や現場の管理者が様々なストレスの誘因起因となることを、
やる気の低下などからいち早く察知し、その対策を講じる必要があります。

現場で従業員と共に汗を流し、一緒に働いている経営者や管理者の皆さん、
最近以前と比べ、

「社員やスタッフのやる気が下がっているなぁ。」、

「従業員の定着率や若い人の応募率が低い。」

「報連相がスムースになされなくなった。」

などと感じていませんか?

その原因となることは、意外と気付かないことにあると考えられます。

★職場で、次のようなことはありませんか?

イ) 形ばかりの挨拶になっている。

ロ) 「ありがとう」が口先だけになっている。

ハ) コミュニケーションの時間が取れない。

ニ) けじめ(礼節)が失われている。

ホ) 労いの態度や言葉がなく、互いが支え合い生かされている意識が不足している。

ヘ) 自分の仕事が手一杯で、従業員と会話する時間が取れない。

ト) 報告連絡はなされるが、相談されることがない。

チ) 顧客への電話応対が粗雑になっている。

リ)お客様やクライアントばかりに目線が行っている。

ヌ)整理整頓が徹底されなくなった。

ル)声が小さくなった。

ヲ)会話がネガティブになってきた。

ワ)清掃に手抜きがある。

・・・・・等々。


この項目は、より具体化するために、無記名アンケートなどにより情報収集しておくことです。

以下、このようなことの解決法を幾つか挙げてみます。
※但し、各項目について事前にミーティングする必要があります。

【対策・解決法】

1. 様々な自分や職場の「当たり前」を見直す。

2. 部下を認める(信認)する活動を積極的にする。

3. 月一回は、部下と真摯に「向き合う」時間を作る。(個別面談)

4. 己と本気で「向き合い」、一日を顧みる癖をつける。

5. 気軽に相談できる環境を作る。

6. 定期診断、或は覆面モニタリングの導入。(電話・接客・品質など)

7. 五現と五原で職場を見直す。
   【五現】現場・現物・現実・現況・現状
   【五原】原義・原点・原因・原則・原理

8. 思いやる活動を進んでする。
・・・・・等々。


※記載した内容が、少しでも職場環境改善に役立てましたら幸いです。
(備考)
  対策・解決法を詳しくお知りになりたい方、労働環境に問題点がある方など、相談などもお受けします。
  お気軽にカテゴリー上の問合せメールにてお知らせ下さい。


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2589-30132074
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック